初頭ごろ

24 の用例 (0.00 秒)
  • 日本には19世紀後半から20世紀初頭ごろに侵入したと考えられている。
  • LLNのメンバーによる初の作品は1990年代初頭ごろに世に出た。
  • ここではカロリング朝が帝権を手に入れた9世紀初頭ごろの政治思想を概観する。
  • この自然流出的な人の流れは、1900年初頭ごろから記録にあらわれる。
  • こうした手法は20世紀初頭ごろまでは主流であったが、近代建築運動の中で否定されていった。
  • その後人気は回復せず、18世紀の終盤から19世紀初頭ごろに絶滅してしまった。
  • このAZZLOの他にほぼ同時期である1990年代初頭ごろからラバーウェアを販売していたのがである。
  • フランス楽派と呼ばれる演奏流儀が、パリ音楽院の器楽科を中心として20世紀初頭ごろより勃興した。
  • 延喜式神名帳でもほとんどの神社は社名しか記されていないことから、延喜式が編まれた10世紀初頭ごろまではほとんどの神社の祭神には特に名前がついていなかったことがわかる。
  • ただし、近年の研究では大多喜城が居城に定められたのは、天正19年初頭ごろで、それまでの半年ほどの間は同じ夷隅郡の万喜城を居城にしていたとされている。
  • つまり、矢状の投射物ではなく球形の砲丸を発射するための、太さが均一な管の形をした大砲は、西欧では15世紀の初頭ごろから見られるようになったという事だ。
  • これらの遺物や装飾文様から、5世紀後半から6世紀初頭ごろの築造と考えられる。
  • サラブレッドとしてはアメリカにおいて20世紀初頭ごろに隆盛し、かつてはコリンやエクイポイズなどに代表される名馬を輩出してきた系統であったが、その後先細りして、現在ではわずかな勢力を持っているだけである。
  • 毎年10月末から12月初頭ごろに凍結し、4月から5月上旬には氷が解ける。
  • 時代を経ると共に希少化が進み、第二次世界大戦の戦禍や中国政府が出した飼い犬撲殺令などにより頭数が減少し、20世紀初頭ごろに絶滅してしまった。
  • しかし、律令制と現実の乖離が大きくなっていき、9世紀末から10世紀初頭ごろ、政府は税収を確保するため、律令制の基本だった人別支配体制を改め、土地を対象に課税する支配体制へと大きく方針転換した。
  • そこで5世紀初頭ごろから、法体系を簡略化した『法学提要』が多用されるようになった。
  • そのため、ヤマト王権は4世紀末~5世紀初頭ごろに奈良盆地から出て、瀬戸内海に面した難波の地に都を移した。
  • 欧米諸国では、16世紀以来の救貧制度を脱して、20世紀の初頭ごろから、国民の権利としての所得保障や社会サービスが給付されるようになった。
  • 年1化で成虫は5月~7月初頭ごろまで見られる。
  • 次へ »

初頭ごろ の使われ方