初陣

全て 名詞
983 の例文 (0.00 秒)
  • わずか二週間の訓練で初陣を迎えた自分たちは格好の実験材料であった。 ...
  • だが、ここでは、そのような初陣争いがわれわれの興味の対象ではない。 ...
  • この土地はわしの初陣の場所じゃから、わしにはとくに興味があるのです。 ...
  • まだ初陣を果たしていない若者には、熱さになれる練習にはなるでしょう。 ...
  • フレイム王国の現状を考え、パーンはこの初陣の話はしないことにした。 ...
  • 率いる兵、二千という初陣ういじんには珍しい多数であることも、気持を明るくした。 ...
  • ここで一働きやれば、エジプトにおける初陣を大いに飾れるというものだ。 ...
  • そしてきょうこそパリ文明の戦場における、彼の初陣の日であったのである。 ...
  • レヴァを除いた三体のマザーシリーズはこれが初陣であるということだ。 ...
  • 思いもかけない初陣ういじんではあったが、恐怖など少しも感じなかった。 ...
  • それは、若武者の虎之助が家臣を預けられた初陣でもあったからである。 ...
  • その中には、味方の誰かが率いて来た初陣の息子でもあろうか。 ...
  • この戦いは後に繁長の主君となる上杉景勝の初陣であったとも伝わる。 ...
  • 二日目にテストをパスして、第二期の第一陣として初陣を経験した。 ...
  • 源田の初陣であり敵の弾下は気持ちのいいものではなかったという。 ...
  • 初陣は日本における武士階級の子弟が初めて戦闘行為に参加することをいう。 ...
  • そのなかには、自分と同じような初陣の者もいるのだろうか。 ...
  • 次へ