初歩

全て 名詞
1,221 の用例 (0.01 秒)
  • エドガーはそういう初歩的なこともよくわかっていない自分に苦笑した。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第13巻 紅の騎士に願うならば』より引用
  • 内容は、インターネットに関する初歩的な質問に舟元が答えているもの。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • しっかり演奏に集中しないと今みたいに初歩的な指示を受けることになる。 神永学『コンダクター』より引用
  • 職場グループ等で詩を勉強している、初歩の人たちだけが読んで下さい。 石垣りん『ユーモアの鎖国』より引用
  • 度学という書物は残っているものがあるが、もとより初歩のものである。 三上義夫『文化史上より見たる日本の数学』より引用
  • 広告の初歩を学ぶといって、彼がいた会社でアルバイトをしていた娘だ。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • 初歩的な論理の原則から言っても、それ以外の可能性は考えられない。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • その後、両者の名称は単なる「三式陸上初歩練習機」に統一されている。
  • 初歩的な女の学生の間にそれは愛情と亢奮とをもって読みまわされていた。 宮本百合子『雑沓』より引用
  • 軍事組織の最も初歩的なまた基本的なもの、現在では中核自衛隊である。
  • 意外なことに、この放置された星系にはごく初歩的な文明が存在した。 古橋秀之『タツモリ家の食卓1 超生命襲来!!』より引用
  • 要するにこの種の霊媒は、初歩の心霊現象を作る為めの機関に過ぎない。 モーゼス・ウィリアム・ステイントン『霊訓』より引用
  • 心理学の初歩だが、最初に無理な願いをすると次の小さな願いが通りやすい。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る 「禁じられた数字」 (角川書店 The Sneaker 2003年08月号 P114 129)』より引用
  • 多分そんな初歩的なことは、おれ以外の誰もが知っていたのだろう。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • いま彼らに金縛りの術をかけてきたように初歩の魔法を使うことすらできる。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 第32期飛行練習生として霞ヶ浦空千歳分遣隊で初歩飛行訓練を受ける。
  • きわめて初歩の時代であると考えるのが妥当とさえ考えたいのでございます。 三沢勝衛『自力更生より自然力更生へ』より引用
  • こいつは、意味の中にある緊張といった初歩的なことを話している。 ハーバート『デューン・砂の惑星1』より引用
  • どうもきみは、心理学のいちばんの初歩までも、無視してるようだぜ。 サリンジャー/鈴木武樹訳『フラニーとズーイ』より引用
  • こんな訓練、ごく初歩的な反応速度の向上をねらったものでしかない。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • 次へ »