初年度

全て 名詞
2,227 の用例 (0.01 秒)
  • 初年度の1999年には早くも主力として活躍、優秀新人にも選ばれた。
  • 初年度からリーグ戦28試合に出場して2ゴールを決めるなど活躍した。
  • 初年度は夕方のみに設置されたが、2年目からは朝の枠が新設された。
  • 大会初年度となった2008年は各県ごとに2チームずつが参加した。
  • 移籍初年度は14試合の出場だったが、その才能は早くも認められた。
  • ランキングでも前年に続き3位となり移籍初年度ながら好成績を残した。
  • 初年度こそ準レギュラーだったが、1年後にはレギュラーを獲得した。
  • 初年度は騎乗数も少なく8勝に終わったが、2年目には23勝を挙げた。
  • 小川は入団当時の二軍監督で、初年度から二軍で積極的に起用された。
  • 初年度は独立した校舎を持たず、和仏法律学校の一部を借用していた。
  • 初年度は四万台だったが、七七年は自社ブランドだけで十万台を目標にしていた。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • まだ完成していない設備も多く、初年度の生産量は2トンに留まった。
  • 初年度は14勝を挙げ中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞した。
  • 翌年より日本で供用が開始され、初年度の種付料は250万円となっている。
  • 馬冑は、初年度に発見されたが、本格的な報告書はまだでていない。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 04』より引用
  • 年間成績は初年度から参加した10チーム中唯一4年連続の負け越しとなった。
  • 初年度から、過去に江蘇などでプロ経験のある選手も在籍している。
  • 初年度は14勝を挙げ、中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞した。
  • それでも科試合格者の初年度の配置よりずっと下の官職しかもらえなかった。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 初年度の種付料は4000愛ギニーとそれほど大きな期待はされていなかった。
  • 次へ »