初代城主

47 の用例 (0.00 秒)
  • 額田町史 によると初代城主は成瀬頼清と記されている。
  • この椚田氏が初沢城の初代城主ではないかという説がある。
  • 額田町史によると初代城主は奥平信丘と記されている。
  • 額田町史 によると初代城主は黒谷半九郎と記されている。
  • 初代城主の潮田資忠は通説では当時の岩槻城主の太田資正の四男とされている。
  • 当駅が開業するまでは、願行寺という上田城初代城主真田氏ゆかりの寺の土地であった。
  • 額田町史によると初代城主は奥平久正と記されている。
  • 額田町史によると初代城主は菅沼正庵と記されている。
  • 初代城主の森可勝は森成利等を輩出した、戦国武将の森氏であり、後の当主森可成等はこの城で生まれている。
  • 額田町史 によると初代城主は奥平弥六郎と記され、建造されたのは1570年ごろとされている。
  • その父は今橋城初代城主牧野成時、牧野成高、牧野成敏と諸説がある。
  • 初代城主の小坂孫四郎吉政は子に娘が2人しかおらず、父の小坂九郎行宗は孫四郎の猶子となった。
  • 仁治5年に、弟景重が明知城を築城、初代城主となり、景村は広恵寺城を築城する。
  • 讃岐国香川郡井原荘龍満に領地を得て龍満城を築城し初代城主となったが、このとき名字を二川から龍満に改めたという。
  • 後、弟景員が苗木城を築城し初代城主となる。
  • こうして本庄城が久城掘り東岸に築かれ、実忠が初代城主となる。
  • 額田町史 によると築城されたのは1530年代で、初代城主は当時松平清康に従っていた奥平貞昌と記されている。
  • 福知山城の初代城主であったことに加えて明智光秀は善政をしいたことから、明智氏の治世がごくわずかであったのにもかかわらず、福知山市ではいたるところで明智氏や光秀に関連したものやイベントが多数所在する。
  • 複数系図は存在するが、父資房も資氏自身も、猿掛城主とは記述されておらず、この事が、猿掛城を築き、初代城主となったのは、資政ではないかと言った説を生じさせている。
  • 初代城主は山下義道と記されている。
  • 次へ »