初代司会

44 の用例 (0.00 秒)
  • 初代司会者の決定の経緯については、資料によって内容が異なっている。
  • 番組の基本的なシステムやルールの考案者は、初代司会者だった大橋巨泉である。
  • 初代司会者は生方恵一であり、番組開始時から1985年8月末まで担当した。
  • 初代司会者の長沢も2代目司会者の浜村が就任して数週間審査員として出演していた。
  • 後番組は黒柳徹子と久米が初代司会者を務めた『ザ・ベストテン』である。
  • 朝日放送ラジオの「おはよう浪曲」の初代司会者としても知られた。
  • なお作中では初代司会のアミダーブが、幼少時代の主人公が憧れる映画スターとして描写されている。
  • 初代司会者の愛川欽也・うつみ宮土理は、この番組での共演が直接のきっかけとなり、後に結婚に至った。
  • この時のVTRでは、初代司会者の児玉と出題者が実際に旅行先へ赴き、そこから出題を行う。
  • 番組タイトルの意味は、初代司会者の逸見政孝によれば「世界は商売によるショーである」といい、この番組の製作姿勢を表すものである。
  • 番組名にもあるように、放送は東京都中央区銀座のスタジオ銀座テレサからの観客参加型番組で、初代司会も当時深夜ラジオのDJで人気のあったせんだみつおを起用した。
  • 初代司会者のゲイ・バーンは一時降板以外は1999年まで34年にわたって司会を務めた。
  • 初代司会者はラルフ・エドワーズで、テレビでは1954年まで、またラジオでは1957年の放送終了まで司会者を務めた。
  • 初代司会者に山本コウタロー、アシスタント司会者に泰葉を迎えた。
  • 初代司会は飯窪長彦、山川静夫で、彼らが隔週交代で担当していた。
  • 番組名の頭に付く「TK」は初代司会者でありその後はスーパーバイザー的役割となった小室哲哉のイニシャルに由来している。
  • また、初代司会者の山本や初代アシスタント司会者の泰葉は過去VTRには登場したものの、スタジオゲストやVTRコメントなどの出演はなかった。
  • 初代司会の前田武彦は司会当時、当番組の映像を数多く家庭用VTRに保存していたが、司会解任時にテープを全て廃棄してしまったという。
  • 初代司会者は安藤豊と田中みずき。
  • なお現在は違うが、初代司会者の児玉は長らく樫山文枝と近畿日本ツーリストのCMに出演していた。
  • 次へ »