列車

全て 名詞
54,317 の用例 (0.02 秒)
  • 窓から見ると、西洋人が四、五人列車の前を行ったり来たりしている。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • お手紙どおり、金曜日の最終列車でご到着のこととお待ちしております。 キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』より引用
  • 上りと下りの二本の列車が同時に線路を通り過ぎ、橋がかすかに揺れる。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • なお列車内や所々には、会社に属する一種の警備兵が配置されている。 豊島与志雄『北支点描』より引用
  • 北京ペキンへの急行が出るとか云うので、客がたくさん列車に乗り込んでいる。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • 停車駅に近づいたらしく、その急行列車は減速しはじめたようであった。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 翌日よくじつ朝の汽車で立った自分達は狭い列車のなかの食堂で昼飯ひるめしを食った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 列車を牽引けんいんするための新しい機関車が、黒煙をき上げながら現われた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • そんな列車が存在しないことは、十津川自身が、一番よく知っているのだ。 西村京太郎『EF63形機関車の証言』より引用
  • ところが乗って見ると、二等列車の中は身動きも出来ないほどこんでいる。 芥川竜之介『西郷隆盛』より引用
  • ぼくはある日の午後、トムと一緒にニューヨーク行きの列車に乗っていた。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 情報を求めると同時に、次の列車でこちらにくるようにと促す手紙だった。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 九時〇〇分東京発のこの列車は、次の品川は、九時〇七分発になっている。 西村京太郎『EF63形機関車の証言』より引用
  • 列車やバスでくる人も多かったが、マイカーを運転してくる人もいる。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • 列車にも警備兵が乗っているだろうということはわかっていた。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • 黙りこんだ母娘の耳に、長い貨物列車の通りすぎる音ばかりが響いた。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • すると、間もなく今まで走っていた列車は急に進行を停めてしまった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 天国行きの列車は教皇を機関手とするカトリック教会のほかにありません。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • その『巨大な蛇』っていうのは、線路を走る列車のことじゃないのかな? 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • その車室の窓に沿って、伸子たちは、長い列車のなかごろまでいそいだ。 宮本百合子『道標』より引用
  • 次へ »