列車最後尾

9 の用例 (0.00 秒)
  • 下り方向の運行では、馬はと呼ばれる列車最後尾の車両に乗せられていた。
  • 列車最後尾には特急列車並みの行灯式テールマークが取り付けられた。
  • トレイズは列車最後尾の衝撃緩衝器へ、車のバンパーを軽くぶつけた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • 上空を旋回していたアリソンは、二人が落ちたのを、そして列車最後尾で娘が必死になって手を振っているのを見て、高度を下げた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • トラヴァス少佐の声が耳に入って、列車最後尾デッキのエドは、視線を遠くへと持ち上げた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • もっともこの連結器は軽量だが強度が劣るため、回送時には連結器に負担がかからないように列車最後尾に連結する必要があった。
  • 通常のブレーキ操作では、機関車側でのブレーキ管の減圧操作が列車最後尾に到達するまでに遅延が起こるが、最後尾からも減圧する事により列車全体に制動がかかる遅延を短縮し、制動距離を短縮するものである。
  • しかし、その連結強度は低く、破壊試験の結果25t前後が上限とされたため、例えば鉄道省では気動車の無動力回送について、列車最後尾への連結を厳守するよう通達を出していた。
  • リリアは屋根の上をほぼ全力疾走して、すぐに列車最後尾にたどり着いて、そこでしゃがみ、レールの先を見つめる。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用