列車位置検知

16 の用例 (0.00 秒)
  • 列車位置検知機能で求めた現在位置を元に線路上での列車の位置を常に追跡する機能である。
  • 列車位置検知技術については後の節を参照されたい。
  • 列車の位置を人間が目視で確認するというのが、もっとも初期に用いられた簡単な列車位置検知方式である。
  • 列車位置検知技術では、鉄道において列車や車両の現在位置を検知する技術について説明する。
  • 従来、軌道回路で行っていた列車位置検知を車上検知に変更し地上と車上の通信をデジタル無線で行うのが大きな特徴である。
  • モニタ装置の列車位置検知機能などを活用し、文字情報表示と自動放送の実施タイミングを取っている。
  • 現在世界的に多くの鉄道で用いられている列車位置検知技術が、19世紀末にアメリカ合衆国で発明された軌道回路である。
  • 多くの場合、軌道回路による列車位置検知を元に動作する閉塞・保安システムとなっている。
  • 以下、各種の列車位置検知技術について説明する。
  • これらの問題が解決できれば非常に安いコストで列車位置検知ができるため、将来的に有望な技術である。
  • これは、列車位置検知システムのリニューアルに伴い、従来のGPSアンテナの使用を中止した関係である。
  • ただし、2004年8月11日に鉄道に関する技術上の基準を定める省令の解釈基準が改正されて、軌道回路に拠らない方式で列車位置検知を行うものも自動閉塞式に含まれることになった。
  • またドイツで開発された自動列車保安装置であるLZBでも、列車位置検知に交差誘導線を使用しているが、こちらではそれほどの高い精度は必要とされていないため100メートルほどの間隔でループを巻いている。
  • これらの結果を受けて、COMBATの閉塞方式は軌道回路と異なる列車位置検知装置を使用した自動閉塞式の一部として整理され、2004年8月11日に鉄道に関する技術上の基準を定める省令の解釈基準が改正されてCOMBATに関する記述が追加された。
  • またATCの地上装置は各軌道回路に信号電流を流す機能の他に、列車位置検知機能も兼ねており、検知した位置情報を地上側の列車位置表示装置に送るとともに、その情報と各駅の連動装置とその他の外部条件を元に、地上装置により、列車が在線する軌道回路の後方区間に許容速度のATC信号を送信する。
  • 列車位置検知装置、列車監視制御装置、保安速度制御装置、閉そく制御装置、構内保安制御装置などにより、列車の位置検知と速度監視、保安ブレーキの指令、閉そく区間の設定、分岐器の制御などを行う。