列車交換

456 の用例 (0.02 秒)
  • 単線区間が多いことから、列車交換のための運転停車が2か所以上ある。
  • 当駅での列車交換停止に伴い、交換設備は隣の中浜駅に整備された。
  • 廃止時点で、2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅であった。
  • かつて昼間時は全列車が列車交換を行わない時期もあった。
  • 列車交換の場合の交換方法は原則として次のとおりである。
  • 列車交換が無い場合は上下列車とも東側の線路を使用する。
  • かつては相対式ホーム2面2線を有しており列車交換が可能であった。
  • 列車交換が可能な構造だが定期列車では行われていない。
  • 現在、この信号場においての列車交換・待避はダイヤ上設定されていない。
  • 当駅から前橋駅までは複線であり、当駅での上下線の列車交換も可能である。
  • 列車交換可能駅で日中時間帯に列車が行き違うダイヤとなっている。
  • 島式ホーム1面2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅となっている。
  • 列車交換が行える設備を持っていたが、運用はされていなかった。
  • 当線のほぼ中間地点に位置し、晩年は途中駅で唯一の列車交換可能な交換駅となっていた。
  • ホームが千鳥式に配置された列車交換可能な交換駅であった。
  • 列車交換は昼間帯の列車のほとんどが当駅で行った。
  • 単線区間ではすべての駅で上下列車の列車交換が可能である。
  • この駅はヤシ-間にある列車交換のための待避線を備えた駅だった。
  • 相対式2面2線のホームを持ち、列車交換可能な地上駅になっている。
  • 相対式ホーム2面2線を有しており、列車交換が可能な地上駅である。
  • 次へ »