列車交換駅

7 の用例 (0.00 秒)
  • 当路線の一般的な列車交換駅とはホームの使われ方が正反対である。
  • 小松線のほぼ中間点に位置し、唯一の列車交換駅であった。
  • 前述の待避駅・列車交換駅変更の際に追い抜かれる列車を待避用の番線に変更するなどの形で組み合わせて用いられることが多い。
  • 列車交換駅であるが岡本駅と同様、ことでんの駅では珍しく列車は右側通行で駅に進入する。
  • 快速・普通列車が特急列車の通過待ちをする駅の変更、単線において列車の行き違いをする駅の変更など、待避駅・列車交換駅変更で部分的に順序を変更したりするのも含まれる。
  • 当時は相対式ホーム2面2線の列車交換駅だった。
  • 一方、単線区間の上下列車交換駅では、2本の線路をまたいで質問器と地上応答器を設置して上下列車共用にすることもでき、コストダウンを図ることができる。