列車交換設備

43 の用例 (0.00 秒)
  • 当初は1面2線であったが、廃止直前の頃は列車交換設備は撤去された。
  • 列車交換設備のある駅は青函トンネル開業に際し構内待避線を延伸した。
  • 全線単線のため、列車交換設備が以下の場所に設置されていた。
  • 篠栗線電化後は、同線で列車交換設備がない唯一の駅となっている。
  • この列車交換設備設置工事と同時にスロープ設置などのバリアフリー対応工事が実施された。
  • 当時は列車交換設備もあったが、その後取り外されていた。
  • 列車交換設備は有していなかったが、側線を1線有していた。
  • 島式ホーム1面2線の列車交換設備を備えた地上駅で一線スルーになっておらずホームは方向別に分けられている。
  • 当時は列車交換設備のない単線運転で、運転間隔は20分以上に開いてしまったとされる。
  • 島式ホーム1面2線を有する地上駅で、上下列車交換設備を持ち、日中は各駅停車の大半が当駅で交換する。
  • 本変更では大和西大寺駅の移転、越部駅の列車交換設備の完成とそれによる特急ネットワークの拡大によるダイヤ変更を実施した。
  • 列車交換設備を有さない無人駅となっていた。
  • 一方の足尾駅も列車交換設備を持つが、トロッコやイベント列車を除き、普通列車同士の交換は行われない。
  • 交換施設は単線の途中において部分的に2線以上設けた場所、即ち列車交換を行う場であり、列車交換設備、離合設備などとも呼ぶ。
  • このダイヤ改正で五能線などのローカル線では、主要駅以外の列車交換設備が撤去され、運転扱い業務の集中化が行われている。
  • 本線との分岐部分自体は単純な単線分岐型であったため、列車交換及び待避は不可能であったが、分岐後の工場までの区間に機回し及び列車交換設備を有していた。
  • 山川駅 - 枕崎駅間で唯一列車交換設備を有し、指宿枕崎線運行上の要となっている。
  • 国鉄分割民営化後、1989年には御殿場線の利用者が増加したことに対応して富士岡と岩波に列車交換設備が新設された。
  • このほか、風祭駅に列車交換設備を新設したり、乗り入れ区間にあるトンネルや鉄橋なども検討が重ねられた。
  • なお新清水トンネルの中間地点にも列車交換設備を設置するための空間が存在するが、線路は敷設されておらず、清水トンネル内の茂倉信号場とも繋がってはいない。
  • 次へ »

列車交換設備 の使われ方