列車交換可能駅

19 の用例 (0.00 秒)
  • 列車交換可能駅で日中時間帯に列車が行き違うダイヤとなっている。
  • なお、山口線の列車交換可能駅で当駅のみ安全側線が無い。
  • 列車交換可能駅で、日中の時間帯に電車が行き違うダイヤが組まれている。
  • 園部方・西舞鶴方が単線、福知山方が複線となる列車交換可能駅である。
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅であった。
  • 列車交換可能駅で、朝ラッシュ時に電車が行き違うダイヤが組まれている。
  • かつては列車交換可能駅だった。
  • 列車交換可能駅で、当駅での交換列車が設定されないダイヤが長く続いていたが、現在では数本の交換列車が設定された。
  • 相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、列車交換可能駅である。
  • 明知線内唯一の列車交換可能駅となっている。
  • かつては相対式ホーム2面2線の列車交換可能駅だった。
  • 転換当初は相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅で、七尾線で貨物輸送が行われていた頃にはさらにもう一本発着線があった。
  • 開業当初は相対式ホーム2面を有する列車交換可能駅であったが、後年の長編成化に伴う施設改良工事によって、駅舎側のホームのみを残して1面1線構造化され、当駅における列車交換は不可能となった。
  • 単線区間上にある列車交換可能駅及び信号場は貨物列車との待ち合わせを考慮し、旅客ホームの有効長は青函トンネル開業以前のまま構内待避線の有効長が延伸されている。
  • また、当駅に配置されている駅員の中から交代で、現在札沼線非電化区間で唯一の列車交換可能駅となっている石狩月形駅に派遣され、同駅に於ける窓口業務にもあたっている。
  • 移設後の当駅は有効長40mの相対式ホーム2面を有する列車交換可能駅となり、終点である村山貯水池駅が1面1線構造であったことから、列車交換は常時当駅で行われた。
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅で、駅舎側が上りの2番線、対向ホームが下りの1番線となっていた。
  • なお、新庄駅と鳴子温泉駅間の列車交換可能駅は最上駅のみであることと、最上駅を中心とする両駅の閉塞開通にはキハ110系でおよそ30分を要することから、以後、同区間の臨時列車入線には以下のような各種の工夫が見られるようになる。
  • かつては相対式ホーム2面2線の列車交換可能駅であったが、現在旧下りホームは本線との分岐器が撤去され使用不能であり、ホームへ通じる地下道もコンクリートで埋め立てられておりホームへ立ち入ることも出来ない。

列車交換可能駅 の使われ方