列車交換ができる

18 の用例 (0.00 秒)
  • 列車交換ができるようになっているが交換は朝ラッシュ時のみである。
  • 西鉄福岡側から見て初めての列車交換ができない駅である。
  • このほか諏訪駅でも列車交換ができないが、諏訪駅の前後は駅間が短いためそれほどネックにはならない。
  • 千綿・小串郷の両駅では前後の駅間が長く、列車交換ができないため運行上のネックとなっている。
  • 北東側に行違線があり列車交換ができる。
  • 北東側に待避線が1線あり列車交換ができる。
  • 南西側に待避線が1線あり列車交換ができる。
  • 列車交換ができる2本の線路と、保線車両の留置線1線がある。
  • 西側に待避線が1線あり列車交換ができる。
  • 北側に待避線が1線あり列車交換ができる。
  • 東側に待避線が1線あり列車交換ができる。
  • 全線は4つの駅があり、その中の石岡駅は東勢線中唯一列車交換ができる駅で駅長と駅員が配置されていた。
  • 南東側に行違線があり、列車交換ができる。
  • かつては、相対式ホーム2面2線で列車交換ができたが、簡易委託時に交換設備が撤去された。
  • 富士見町・湘南深沢・西鎌倉・目白山下の各駅で列車交換ができる。
  • 甲西駅・寺庄駅・油日駅は停留所で、そのほかの全駅で列車交換ができるが、甲西駅に列車交換設備がないことにもより、1時間に3本以上の列車本数の増加は難しい状態である。
  • また、可部線の緑井駅 - 可部駅間ではラッシュ時間帯であっても20分間隔で運転されているが、列車の増発を望む声も多いことから、上八木駅に列車交換ができるように改良工事が行われるとともに、可部線の運行本数の増加に備えて変電所設備を増強する計画がある。
  • 茨城県道14号筑西つくば線を筑西市方面から桜川をわたり、上大島交差点でつくば益子線を真壁町方面へ左折する左折レーンからの合流車線などがあり道幅が広くなっている部分が駅構内部分、ホームや線路跡であり、また、そこだけ広い道幅は列車交換ができるよう相対式ホーム2面2線だった名残である。