列車交換

456 の用例 (0.01 秒)
  • 開業後間もない1938年の時刻表によれば、列車交換も行われていた。
  • 早朝・日中・深夜の一部時間帯以外は必ず当駅で列車交換が行われる。
  • 交換可能駅で、日中時間帯は当駅で列車交換するダイヤが組まれている。
  • 列車交換ができるようになっているが交換は朝ラッシュ時のみである。
  • 隣の遠州芝本駅が改良されるまではこの駅で列車交換が行われていた。
  • また、列車交換を行わない場合は上下とも駅舎側のホームに停車する。
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 当初は1面2線であったが、廃止直前の頃は列車交換設備は撤去された。
  • 開業当初は列車交換不可能だったが、廃止時点では列車交換が可能であった。
  • 当時この区間は単線であったため、列車交換のために設置されていた。
  • ただし、朝と夜の一部時間を除いてこの駅では列車交換を行わない。
  • 列車交換が可能であるが、定期列車での列車交換は行われていない。
  • かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な職員配置駅であった。
  • 当路線の一般的な列車交換駅とはホームの使われ方が正反対である。
  • かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 列車交換を行わない場合は上下とも駅舎側のホームに停車する。
  • 旧下り本線が使われており、かつては上り本線も有し列車交換が可能であった。
  • こまち号同士の列車交換がある場合には、下り列車は2番線に停車する。
  • 最終列車を除いて、列車交換が当駅または神戸駅で行われている。
  • 単線区間のほぼ中間に位置し、日中はすべての列車がこの駅で列車交換する。
  • 次へ »