列車や臨時列車

25 の用例 (0.00 秒)
  • 営業外列車や臨時列車によってはこれ以外の区間・路線を走行する場合がある。
  • SL列車のほか団体列車や臨時列車としても使用されたことがある。
  • ホームのない上り待避線は貨物列車や臨時列車の待避に使われている。
  • 特急列車や臨時列車は豊岡鉄道部が担当していた。
  • 回送列車や臨時列車が使用している。
  • 登場以来、団体列車や臨時列車を中心に使用されてきた12系客車が定期列車に使用されるようになったのは、1973年からである。
  • 「ゆめ70」は団体専用列車や臨時列車などに運用された。
  • 現在、車掌は優等列車や臨時列車の受け持ちはないが、過去に以下の列車に乗務していた。
  • 和歌山市駅寄りに上下渡り線が設けられているが、定期列車には使用されておらず、おもに回送列車や臨時列車の折り返しに使用されている。
  • 海浜幕張駅前でも同様の展示を行ったのち、実際の車両として「北斗星」系統をはじめとする団体専用列車や臨時列車に用いられた。
  • 他に、東海道貨物線経由のライナー列車や関連の回送列車、団体専用列車や臨時列車などの一部旅客列車についてもこの信号場を経由している。
  • 普通または準急しか停車しないため、定期列車では最大でも5両編成しか停まらないが、回送列車や臨時列車では6両編成が停車する場合がある。
  • 東北新幹線区間では200系と連結する列車が大半であったが、下り初発・上り最終列車や臨時列車では他車両と連結されず、単独で走行する場合もあった。
  • 本路線の線路は立川駅では中央本線や青梅線と接続しており、貨物列車や臨時列車の直通運転で頻繁に使われていたが、本数は激減している。
  • ジョイフルトレインとは、主にJRグループが団体専用列車や臨時列車などに使用するために保有している鉄道車両、あるいは列車そのもののことである。
  • デキ1とデキ3は貨物輸送廃止後も車籍を有するが、定期運用はなく、工事列車や臨時列車などに使用されることがある。
  • 当駅が始終着となる列車は、回送列車として一度桜島駅まで行ってから折り返してくるが、団体列車や臨時列車以外は桜島駅まで運転しており当駅始発の列車は存在しない。
  • 開業時はこちらに日野駅が設置され、1937年に現在地に移転した後も同駅発着列車の折り返しに使用されていたが、発着列車がなくなった現在では一部の回送列車や臨時列車が使用するのみである。
  • また、団体貸切列車や臨時列車などで湯の山線や志摩線などの通常は運転されない線区で運用された場合もあり、2013年に後述のイベント用列車に改造・2013系に形式変更されるまで、その状態で使用されていた。
  • 基本的には団体列車や臨時列車など波動輸送中心の運用であり、6・8・10両の3種類の編成で旅客数に応じた柔軟な運用体制が敷かれた。
  • 次へ »