列車の入換

14 の用例 (0.00 秒)
  • 約60本の旅客列車と50本の貨物列車の入換作業が行われていた。
  • わずかに残った機関車牽引列車の入換は、その列車を引く本線用機関車が行うことが多い。
  • 現在も貨物列車の入換作業が行われている。
  • 上下本線の間には西岡山駅の下り引上線があり、たびたび貨物列車の入換作業が行われる。
  • 列車の入換が行われる際の信号扱いは、弘前運輸区の車掌が行う。
  • 貨物列車の入換のため機関車が待機している。
  • 基本的に入換は車両の構内移動であるが、例外的に列車の分割・併合などのために旅客や貨物を載せている列車を構内で移動させることがあり、列車の入換となっている。
  • またこの当時、東京へ東海道本線側から発着する貨物列車の入換作業を受け持っていた品川操車場の能力も限界に達しつつあり、改良が必要となっていた。
  • これはかつて「高の原行」普通列車の入換として使われていたものであるが、現在では、回送列車の入換に使われている。
  • 貨物列車の入換作業はJR四国に全面委託されている。
  • ただし、手動で分岐器を動かしてレールの切り替え、列車の入換作業をする必要があり、その作業に30分ほどかかっている。
  • 線路規格の低い「丙線」での使用を考慮し軸重を13t以下に抑え、かつ、重量のある列車の入換作業にも使用可能な粘着力を得るため軸数を5軸に増加し、すべてを動軸とする。
  • 最盛期は知覧線の起点駅や貨物取り扱いの拠点の一つとして栄え、有人駅で本屋ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の2面3線構造で2本の側線を持ち、貨物列車の入換も行われていた大きな駅だった。
  • 岳南鉄道譲渡後は、同社が保有する電気機関車中、本形式は最も牽引力が強力であることから主に入換作業に充当され、通常は比奈駅に常駐し、日本大昭和板紙吉永工場を発着する貨物列車の入換作業に従事する。

列車の入換 の使われ方