列車が増発

43 の用例 (0.00 秒)
  • 毎年7月の祇園祭の開催時は深夜時間帯に下り列車が増発されることがある。
  • 上越新幹線では、下り東京駅発・上り新潟駅とも列車が増発される。
  • 最盛期を迎えたのは大正から昭和初期にかけてであり、夏には臨時列車が増発された。
  • その時期には当駅方面への臨時列車が増発され、特急「ちちぶ」が臨時停車する。
  • 朝ラッシュ時は大部分が花畑発着となり、区間運転列車が増発される。
  • ただ、両大学での入学試験などでは列車が増発される。
  • 競馬の開催日には駅は活況を呈し、レースの規模に応じて今津線列車が増発される。
  • 糸魚川駅からはさらに臨時の列車が増発され、作業員17名と保線職員が続いて現場に入った。
  • 大幅に普通列車が増発されて、かつ等間隔のダイヤを実現しようとしている中で、貨物列車をそのように高速化しなければならないことは大きな困難を伴った。
  • この為、年末年始にかけて桜井線では臨時列車が増発される。
  • 通常は普通列車以外は来ないが、行楽シーズンなど吾妻線の臨時列車が増発される際には、臨時列車の編成が一時待避するために当駅まで回送されることがある。
  • しかし日中戦争、そして太平洋戦争が始まり戦時体制下となると、特急列車は廃止されていき、寝台車や食堂車も消滅し、代わって貨物列車が増発・長編成化されていった。
  • 鍛冶屋では金比羅大祭という祭りが毎年開催されており、この祭りの時期に合わせて臨時列車が増発され、最盛期の1938年には30分おきに列車が運行されていた記録があるという。
  • 山口線は通常ダイヤにおいては列車交換は行わないが、西武ドームにおけるプロ野球・埼玉西武ライオンズの主催公式試合や各種イベントの開催に際して列車が増発された際には、当信号場において上下線の列車交換が行われる。
  • イベントなどが行われる時や修学旅行シーズンなどには赤迫・浦上車庫前 - 当電停間に臨時列車が増発運行される。
  • これにあわせて全国規模のダイヤ改正が行われ、列車が増発されるほか、北陸方面の連絡を考慮して米原駅に「ひかり」が停車するようになったりした。
  • 毎年8月1日の花火大会の日は南富山駅前・富山駅前と安野屋を結ぶ臨時列車が増発される。
  • 埼玉スタジアム2002での試合開催日には臨時ダイヤが組まれ、列車が増発される。
  • このほか、住之江競艇ナイター開催の日には、21時台に1本臨時列車が増発される。
  • しかし、晩年は列車本数の減少により通常は列車の交換は行われず、行楽シーズンの休日や毎月18日の谷汲山命日に列車が増発する際のみ、列車の交換が行われるようになっていた。
  • 次へ »

列車が増発 の使われ方