列車

全て 名詞
54,317 の用例 (0.02 秒)
  • 反対に十三歳より十五歳の少年たちが列車妨害を発見した一例があった。 宮本百合子『犯人』より引用
  • それは今彼の乗って来た中央線の列車が一部不通になった知らせだった。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • その列車はどの車もやはり同じように片側だけ雪を吹きつけられていた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 今度の首都行きに飛行機をめて列車を選ばれたのはまさに正解ですね。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 列車に乗った直後、そんなことで、話をしたんじゃないかと思うんです。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 待つ列車は青森発東北本線の上りで、夜の九時すぎにつく予定であった。 宮本百合子『みのりを豊かに』より引用
  • 過去において、カトリック列車から飛び出したものも少なくありません。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • すると轢断列車の通過が零時十九分であるから約一時間の余裕があった。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 出来事と言うのが、急行列車の顛覆てんぷくのようなものだけを言うとすればだ。 森本薫『華々しき一族』より引用
  • 松江から東京へ帰って四日後に彼は列車の窓から根釧原野を眺めていた。 開高健『新しい天体』より引用
  • もし今列車で再会しなければ一生思い出す筈のなかった顔なのであった。 浜尾四郎『途上の犯人』より引用
  • 昭和二十二年の日本では、早くも貨物列車がひっきりなしに走っていた。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 汽車の時間の都合で、私たちはその夜十一時東京駅発の列車に乗りました。 小酒井不木『墓地の殺人』より引用
  • 列車が出ていくあいだ、ぼくは雨のなかを駅の屋根の下に立っていた。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • ほら、ちゃんとこう列車番号から車室の番号まで書いてあるじゃないの。 牧逸馬『戦雲を駆る女怪』より引用
  • そのようにして主人公は永遠に、町を出る列車に乗ることができなくなる。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 明実を見送るために一緒の列車に乗ってわざわざここまで来たのだろうか。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • あっというまに機関車も列車も流され、合計二二〇〇名の住民が死んだ。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • どうやらこの地下通路は列車の線路の下を走っているらしいのだよ。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 列車が駅から出て行くとき、ぼくは駅の明かりと構内をじっと見つめた。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • 次へ »