刑部大輔

57 の用例 (0.00 秒)
  • 永正の錯乱以降の政情で、刑部大輔は細川高国らに協力的であった。
  • 父は織田刑部大輔で、織田信長の叔父・信次の孫にあたるといわれるが、年代的に疑問視されることもある。
  • 系図類では父は織田刑部大輔で、織田信長の叔父・織田信次の孫に当たるとされるが、年代的に疑問視されることもある。
  • このように刑部大輔は足利義尹を立てる細川高国らの政権の要請で度々動いている。
  • 奥方は使いを走らせて城内の装束しょうぞく屋敷にいる実父の鞍谷刑部大輔嗣知に訴えた。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 桓武朝では刑部大輔を経て、延暦4年従四位上・刑部卿に至る。
  • 天保13年12月13日に隠居して刑部大輔と改め、家督は嫡子信宝が相続した。
  • この日、刑部卿に任ぜられたのは正親町三条実愛おおぎまちさんじようさねなるであり、刑部大輔たゆうに任ぜられたのは佐々木高行であった。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 当家においては下総守が当主を示すものでもあるため、隠居後の忠弘は刑部大輔となった。
  • 文徳朝では、左衛門権佐・大和守・右中弁・刑部大輔と京官を歴任し、斉衡3年従五位上に叙せられている。
  • 翌貞観7年治部少輔に任ぜられると、のちに刑部大輔・大蔵大輔・左少弁・右中弁と清和朝の半ば以降は主に京官を務め、貞観17年までに正五位下まで昇進している。
  • 刑部大輔をつとめていたが、慶安2年、前年に薨去した兄公高の養子として正親町三条家を継ぐこととなった。
  • その後応永32年までの間に刑部大輔に昇進している。
  • 明治政府に出仕して刑部大輔・参議・元老院議官を務めた。
  • 「刑部どの」というのは、鞍谷刑部大輔嗣知くらたにぎょうぶだゆうつぐともというのが正称である。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 通称・刑部大輔、栄寿軒と号したという。
  • 光仁朝に入ると、宝亀2年の刑部大輔と京官に服し、のち大学頭・文章博士などを歴任して、宝亀11年従四位下に叙せられている。
  • そして刑部大輔は天文5年より、史料上から姿を消すという。
  • のち、刑部大輔を経て、安芸権守・摂津権守と地方官を歴任した。
  • 官位には恵まれず、位階は従五位下に留まり、刑部大輔や周防守や豊前守を歴任したことが知られているのみである。
  • 次へ »