刑法

全て 名詞
2,618 の用例 (0.02 秒)
  • これは刑法思想の近代化を推進する歴史創造的理論を確かなものにした。
  • 僕は委細を話した後、例の刑法千二百八十五条のことを尋ねて見ました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • 僕は委細を話したのち、例の刑法千二百八十五条のことを尋ねてみました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • 当時のドイツでは同性の性交渉は刑法175条によって禁止されていた。
  • というのは普通の国民と右翼犯人と軍刑法に触れた者には適用しないのだ。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 当時は旧刑法時代で現在の刑法第二四五条に相当する規定がなかった。 末弘厳太郎『法学とは何か』より引用
  • 専門は刑法や犯罪学だが、個人研究として社会心理学・法社会学ほか。
  • これはフランス刑法の影響だけでなく律の伝統によるものであるとされる。
  • 単なる反射や絶対的強制によるj行為は刑法上の行為ではないとする。
  • 日本国の刑法にそんな規定があろうがなかろうが、ここでは通用しない。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • その刑法学説の基本的立場は、師である平野と同じ結果無価値論に立つ。
  • 腰原は、そのとき刑法全体が危機にさらされているような恐怖感を覚えた。 森村誠一『精神分析殺人事件』より引用
  • また、ドイツの刑法では、博士号の詐称を重い犯罪として規定している。
  • 明治13年に公布され、2年後に施行された旧刑法において導入された。
  • 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪は刑法第二編「罪」第七章に規定されている。
  • 説明・理解のない治療は刑法上の傷害罪や殺人罪に当たるという主張もある。
  • しかし自由意志があるかのように考えなくては、刑法が全部無意味になる。 森鴎外『かのように』より引用
  • ここでのべたことは改正前の陸軍刑法、陸軍治罪法の時代のことである。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • なお、選挙権が無いにも関わらず選挙人登録をすると刑法犯罪になる。
  • 因果関係が問題となる事件は、刑法分野と民法分野に大きく分類できる。
  • 次へ »