刑事

全て 名詞
38,082 の用例 (0.02 秒)
  • それから警部刑事が来てからずつとガラス戸の入口からはいつて行つた。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • 勿論第二段の考え方で君が犯人でないという説を立てている刑事もある。 浜尾四郎『殺人迷路』より引用
  • 男の中には、学生も多いが、中にはどうも刑事かと思うようなのもいた。 寺田寅彦『柿の種』より引用
  • 残りの三人の女刑事はみずえと一緒にすべて着付室の中へ入って行った。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • 刑事を一人残しておいて、必要に応じて出張する事にしたいと思います。 夢野久作『巡査辞職』より引用
  • 内部には二人の巡査と一人の部長刑事がいるきりで、がらんとしていた。 アイルズ/宮西豊逸訳『殺意』より引用
  • 加十はもはや王様でも何でもない、一個の刑事被告人に過ぎぬのである。 久生十蘭『魔都』より引用
  • その背後から刑事と二人で下りて来たのは、買われた娼妓の九重だった。 若杉鳥子『ある遊郭での出来事』より引用
  • 何をするかわからない危険人物のように刑事の眼には映って見えた。 田山花袋『トコヨゴヨミ』より引用
  • そして刑事たちにも被害者たちにも予想外の結果がもたらされたのである。 アイルズ/宮西豊逸訳『殺意』より引用
  • 留守に何度も何度も刑事が来て、この部屋をきまわしていったそうだ。 太宰治『火の鳥』より引用
  • 今度こそはと期待していた根岸刑事は石子の話を聞くと落胆がっかりしてしまった。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 男は前にも留置場へ入れられたことがあり、刑事とは顔ナジミであつた。 坂口安吾『いづこへ』より引用
  • と白井刑事は驚きましたが、私たちも意外のことに呆気あっけにとられました。 小酒井不木『髭の謎』より引用
  • それは見事に刑事の左脚に命中し、太腿ふともものところから千切ってしまった。 海野十三『奇賊悲願』より引用
  • 留守に何度も何度も刑事が来て、この部屋を掻きまはしていつたさうだ。 太宰治『火の鳥』より引用
  • 二人の刑事は顔を衝突せんばかりに近づけて、おたがいの腕をつかみ合った。 海野十三『疑問の金塊』より引用
  • 甲刑事がはいってから出てくるまでに二十分たっていますからね。 平林初之輔『祭の夜』より引用
  • 月明かりに見れば、又しても例の変ったユニフォームを着た刑事だった。 海野十三『奇賊悲願』より引用
  • この時一人の刑事がいそいではいつて来て警部の耳に何かささやいた。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • 次へ »