切歯扼腕

91 の例文 (0.00 秒)
  • 心ある精神科医が全国で、切歯扼腕している姿が目に見えるようである。 ...
  • 金田一耕助は切歯扼腕せっしやくわんする思いで、このはてしなき追跡をつづけている。 ...
  • 人々は、飽くことなく同じ話に耳を傾け、その度毎に切歯扼腕せつしやくわんした。 ...
  • 鋭意努力中の紳士にしてみれば、切歯扼腕するくらいのモテぶりと言うべきだろう。 ...
  • 切歯扼腕せつしやくわんしながら戦況を眺めていたので、武彦は戦いたくて身体中が唸っていた。 ...
  • オレの人生が割りきれたら、と今までどんなに切歯扼腕したか知れやしない。 ...
  • この種のことでは最も野卑な百姓どもに先を越されているのを見て、ジュリアンは切歯扼腕せっしやくわんした。 ...
  • いかに彼ら一同が切歯扼腕せっしやくわんしたことであろう! ...
  • 思うに、その中で彦根侍だけは切歯扼腕せつしやくわんして、先廻りの行動に出たものと見える。 ...
  • 「今度はきっとつかまえてやろう」 浜蔵は家の中にもどっても切歯扼腕せつしやくわんした。 ...
  • り向いた瞬間に、白いやつに対して直撃が与えられたかも知れないという確信にシャアは切歯扼腕せっしやくわんした。 ...
  • ムヴィロや部下の戦士たちは、ワジリ族ともあろうものが森のなかで道に迷うなどということがあろうとは、と切歯扼腕せっしやくわんしていた。 ...
  • ヘーシンクに歯の立つ人間が一人もいないことを思い知らされ、日本の柔道ファンたちは切歯扼腕せつしやくわんしたものだ。 ...
  • ところが、彼はその時、目も覚めるような美人の姉と一緒に見に来ていて、「しまった」と切歯扼腕せっしやくわんしたことを覚えている。 ...
  • その前年、日本に降伏あるを知らず、と切歯扼腕せつしやくわんしたくせに、翌年はもう勝手のわからぬ探偵小説など書きはじめているのだから、悲憤慷慨ひふんこうがいもあてにはならない。 ...
  • 正澄親子は切歯扼腕しながらも、仕方なく兵を佐和山城に戻さざるを得なかった。 ...
  • この誓約書に袖印を押しながら、おそらく、義昭は、切歯扼腕したに相違ない。 ...
  • 次へ