切実に求め

17 の用例 (0.00 秒)
  • 今この業界で最も切実に求められているのは、仕事の出来る大人の女性だよ。 森瑤子『風物語』より引用
  • しかし、広島の現実は、科学者、医学者の手を切実に求めていた。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • 単なる欲望のはけ口としてではなく、もっと精神的な結びつきを切実に求め始めたのだと思う。 森瑤子『恋愛論』より引用
  • その物語は天吾の手による改変を切実に求めていたし、彼はその求めをひしひしと感じ取ることができた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 移動野戦外科病院部隊の地獄のような現実が、笑いを切実に求めて、このような行動を生んだ。
  • そして第三に、死後、地獄や餓鬼、畜生といった世界に落ちないように、死後の世界の救済が切実に求められていたこと、この三者が一体となって信じられていた時代が日本の中世なのである。 阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』より引用
  • いや戦時中だからこそ、人々の飢えた魂は、シャンソンの唄声うたごえや劇場の灯を、いっそう切実に求めたのだろう。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • ベンゲルに欠けていたもの、そして彼が自覚せずに切実に求め望んだものが、ガラス玉演戯だったと。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(上)』より引用
  • 本当に大事なのは人々がどのようにその生を営んできたのかという生の具体的な細部なのであり、記号に還元されない具体的な生の諸相を描き、人間的想像力と他者に対する共感を喚起するものとして、文学は今こそ切実に求められているのである。
  • それは、戦争の多かった時代の末期に、精神的な人々の禁欲的英雄的な反省と努力によって成立したのであるが、同様に、疲れきった、血を失った、よるべのなくなった民衆が、秩序や規範や理性や法則や標準などを切実に求めたところから成立したのであった。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(上)』より引用
  • だが、ライスはPFIに就職したので、どこかへ出ているかもしれず、バブは、このたびの新たな問題について、彼の助力を切実に求めていたのである。 ハル・クレメント『一千億の針』より引用
  • 「脚本ではそれだけでなく、労働の歓びをうたいあげ、そして労働に従事する人びとが持っている高貴な人生観を強く訴えるつもりです」 「若者というのはいつの時代も、どこの国でも、反抗的で軽薄のように見えながら、じつはそういうものを常に、切実に求めておるのだと思いますな」文部大臣が言った。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • これなど、当時の読者が、『半七捕物帳』の中に描かれている江戸の風物詩の意義を濃密にぎとり、作中に描かれたかつての江戸を切実に求めたことの良き証左に他なるまい。 縄田一男『捕物帳の系譜』より引用
  • オレ、『隣の晩ごはん』を、十六年もやってこられたのは、もちろん、それぞれのお宅に、すばらしい発見や感動があったからなんだけど、さっきも言ったみたいに、それを、オレが切実に求めていたからだって思うのよ。 ヨネスケ(桂米助)『ごはん』より引用
  • 営業マンの彼と広報室の男、ふたりにこびをふりまきながら、佐希子の日記の中の女は、ますます打ちひしがれ、哀しみに沈み、ぬくもりに満ちた男の両腕、自分を抱きとめてくれるそれを切実に求めつづけていた。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • 主家に当たる大内家の旧領を手に入れた直後だけに、毛利元就もとなりは所領を治める大義名分を切実に求めている。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • また、切実に求められた医学の分野では出島オランダ商館医に指導を受けた通詞の家のいくつかが紅毛外科と称する和洋折衷の医学を一子相伝的に伝える流派を生み出すのみであり、幕府は漢文学者であった野呂元丈、青木昆陽らを招聘して対策に当たらせたが単語700余りを書き留めるに終わってしまった。