切実に感じ

41 の用例 (0.01 秒)
  • 同じコースを執拗しつように何度も何度も繰り返して巡る必要を切実に感じた。 西尾維新『化物語(下)』より引用
  • 儲かりそうなあれもこれもではなく、自分が切実に感じられる一本に絞る。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • 自分の力の限界が見えた後になって、そういう小さな楽しみが切実に感じられてくる。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • しかし、切実に感じられるのは、何と言っても吾が身の変り方である。 小林秀雄『考えるヒント 3』より引用
  • 両者はいずれもおのれの背負っている伝統の重圧を切実に感じていなかった。 和辻哲郎『埋もれた日本』より引用
  • 顔では古渓の言葉になごんでいるようでも、実際はもっと危険を切実に感じていた。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • 私の改革期の来た事を切実に感じた月である。 宮本百合子『日記』より引用
  • 肉体にのこっているすこしばかりの痛みのほうが、なにか切実に感じられるのだった。 久生十蘭『金狼』より引用
  • そういう考えかたからここまで崩れたと思い、私は作家の道のおそろしさを切実に感じました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 私が切実に感じている例を二、三あげてみよう。 堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』より引用
  • だが、それにしても人の一生が短かすぎることを、今日ほど切実に感じたときはなかった。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • かく私のいうのは、それらの新運動にたずさわった人たちが二三年前に感じたことを、私は今始めて切実に感じたのだということを承認するものである。 石川啄木『弓町より』より引用
  • 毎日あてもない手紙を書いているという、そのA子さんという人の苦しみの方が、僕にはひどく切実に感じられた。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 多摩時代にはまれにしか感じなかった空腹感、これをほとんど毎日のように切実に感じています。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • そのおかれていた位置は親しい友人のできるのをじゃましていたけれども、にもかかわらず彼はいま、自分の新たにおかれた位置に話し相手になるような人間のただのひとりもいないことを、ひどく切実に感じていたのだった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『16 コンピューター戦争』より引用
  • それにそんな籠一杯の花の数が、私達二人の生活を支えるのには、あまりに少なすぎることをも理解するようになったし、私は姉の商売をしているところを見届ける必要があると切実に感じた。 渡辺温『可哀相な姉』より引用
  • この頃は少し頭の疲れもしずまって来て、注意もやや集注するようになったので、眼のおくれは一層切実に感じられることとなりました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 斯く私の言ふのは、其等の新運動にたづさはつた人達が二三年ぜんに感じた事を、私は今初めて切実に感じたのだといふ事を承認するものである。 石川啄木『弓町より』より引用
  • 事実上彼等が、真偽の判断を下す必要性を、キリストが期待するほど切実に感じていたかどうかは疑わしい。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • ここに到って、私は本文の初めに述べたような文化主義の理想に由って、人類生活の精神と組織とを根本的に改造する必要を切実に感じます。 与謝野晶子『階級闘争の彼方へ』より引用
  • 次へ »