切実に思う

25 の用例 (0.00 秒)
  • しかし箱を足元に置いたエドガーは、リディアに苦痛を与えたくないと切実に思っているように見えた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • セリの小さな手を見て、カイルロッドは「俺も飛べたら」と切実に思った。 冴木忍『カイルロッドの苦難 7 微笑みはかろやかに』より引用
  • そろそろこのあたりで、「夢」という字が明るい意味をもってほしいものだと切実に思う日々である。 阿辻哲次『漢字のなりたち物語』より引用
  • 白い、やせた彼女の腕に注射針をさしこみながら、と鋭一は切実に思った。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • あのお喋りな光一が側にいてくれたらと切実に思った。 綿矢りさ『インストール』より引用
  • こういうときに、「彼」にいてほしい、と比夏留は切実に思った。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その1 蓬來洞の研究』より引用
  • その痛みから逃れたいと切実に思う。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • 当局に訴え出られるだけの決め手が欲しいと、切実に思った。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 私も切実に思ったことでした。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • コニーもその人物に会いたいと切実に思った。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 気づいた点があったら教えろ、という期待に応えたいと切実に思ったのだが、なかなか新しい発見がない。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 本当の気持ちを知りたいと、切実に思った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • 世間並みの常識が通用するまともな人たちを相手に、まともな仕事がしたいと切実に思った。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • この人を失いたくない、と切実に思った。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 仕事が忙しいのはこの十日でよくわかったが、咲輝と話をする時間が欲しいと、伊央は切実に思った。 藤村裕香『ヴァニラな花嫁くん』より引用
  • 誰もが、保郎にひと目会わせてやりたいと、切実に思った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • しかし、自分は奈緒実を愛していると、良一は切実に思った。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 日々、「ああ、早く本を出したいなあ」と切実に思っていたのですが、やはり思っているだけでは、本は出なかったようです。 高遠砂夜『レヴィローズの指輪01』より引用
  • 海が見たい、と私は切実に思った。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • ただ、誰かを身近に感じていたい、と切実に思った。 赤川次郎『天使に似た人』より引用