切実に思う

25 の用例 (0.00 秒)
  • 何かの時に、子どもを理由にしたくない、私は切実に思っていました。 沖藤典子『女が会社へ行きたくない朝』より引用
  • 井深や盛田たちが「新円がほしい」と、切実に思ったのはこの頃である。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • マークを信用していなかったが、信用したい、と切実に思っていた。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 被害者の遺体に付着していた物質の正体をつきとめたいとは切実に思っていた。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • 何とかハイヤーにでも乗せて連れて行って欲しいと、わたしは切実に思った。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • しかし、正道は、今、慶子とこのまま別れたくないと切実に思っていた。 鎌田敏夫『恋しても』より引用
  • とがめの交渉術の十分の一でも身につけばいいと、こういうときには切実せつじつに思う。 西尾維新『刀語 10 第十話 誠刀・銓』より引用
  • 少し でもましな人間になり、ましな神官長になりたいと、切実に思っている。 冴木忍『カイルロッドの苦難 9 思い出はいつまでも』より引用
  • 「親しい人にこんな傷をつけられたなんて信じたくない」と彼らは切実に思う。 大槻ケンヂ『くるぐる使い』より引用
  • 痛みさえ感じられそうだったが、このときばかりは顔を変えておいてよかったと、切実に思った。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • どうしてエルフたちは、男と女を違う部屋へやに入れなかったのだろう、と切実せつじつに思う。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • ああ、わたしにもナッピーのような羽根があれば、とわたしは切実に思った。 高殿円『カーリー 1 黄金の尖塔の国とあひると小公女』より引用
  • なぜかそのことを誤解されたくないと切実に思った。 花村萬月『ゲルマニウムの夜 王国記』より引用
  • その息を掌に感じた時、耕作は一秒でも早く元気にしてやりたいと、切実に思った。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • あの人が大事だ、あの人が欲しいと切実に思う前に、セックスしちゃう点だろうか。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • 権勢を失いたくない、と追い詰められた心境になって、初めて切実に思う。 堀和久『春日局』より引用
  • 適当な相手と結婚し、子供を育て、平凡な家庭を築きたいと切実に思うようになった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • ティルの頭にいつくしむようなキスをする彼が、ここにいてくれてよかったと切実に思う。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第12巻 紳士の射止めかた教えます』より引用
  • こういうゲームでミスだけはしたくないと切実に思う。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • 二度と郁美の往診だけはしたくないものだと切実に思うが、きっとまた呼ばれることになるのだろう。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 次へ »