切実にそう

27 の用例 (0.00 秒)
  • これが夢であれば一刻も早く覚めて欲しい、切実にそう願いもした。 山田正紀『闇の太守 御贄衆の巻』より引用
  • 私など肉も好きなもんだから、切実にそう思う。 玄侑宗久『死んだらどうなるの?』より引用
  • 自分から〈惑いの檻〉へ行こうと云いだした私だったが、この時は切実にそう思った。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 夢だったらいいのに、彼女は切実にそう思った。 筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』より引用
  • 本当にぜひそうありたいものだと、麗子は切実にそう思った。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 彼は切実にそう考えていた。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 私は切実にそう思いました。 新津きよみ『招待客』より引用
  • 今日こそ保郎は、切実にそう思った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • そう思いながらも、黒田は、何故か、切実にそう願っている自分に気がついた。 新井素子『グリーン・レクイエムⅡ緑幻想』より引用
  • 元気な人々をうらやみながら切実にそう思う。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 彼は切実にそう思った。 三浦哲郎『愛しい女』より引用
  • あの楽しそうな一団に加わりたい、切実にそう願った為か、おれはやっと眼が醒めた。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • 詩と散文の過去の区分は或意味では消失していると思ったのは、もう何年か前ですが、この秋に、わたしは散文というものの実質がどのように充実し高められ、生命そのものが粉飾的でない通りに、飾りない美に充ち得るかということを身をもって知って、一層切実にそう思います。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 一刻もはやく川を渡ってアレンディアを離れ、この地で起こった忌まわしい出来事を置き去りにしてしまいたい、かれは切実にそう願っていた。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • わたしは、切実にそう感じた。 宮本百合子『「下じき」の問題』より引用
  • Aさんは切実にそう考えた。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • 兎は切実にそう思いました。 矢川澄子『兎とよばれた女』より引用
  • 董子は切実にそう思った。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • ぱっと眼がめてほしい、彼女は切実にそう願った。 筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』より引用
  • コーヒーが飲みたい、七瀬は切実にそう願った。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 2) 七瀬ふたたび』より引用
  • 次へ »