切実な願い

32 の用例 (0.00 秒)
  • 人々は、自分の歯が美しくあってほしいという切実な願いを持っている。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • どうかして自分の心を相手に通わせたいと思う切実な願いといってもよい。 亀井勝一郎『青春論』より引用
  • それは不自然なかたちで父を失うた子の、切実な願いであるかもしれない。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 上』より引用
  • 警察側としては二十六日中になんとか報道協定を成立させたいというのが切実な願いだったのだ。 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』より引用
  • 少なくともさっきの切実な願いは、間違いなく本心から発せられた言葉だ。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • イッカクを持って南にげるというのは、エーブの切実な願いだったのだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • これはおそらく、遺族の切実な願いにこたえる気分で詠ったのではないだろうか。 玄侑宗久『死んだらどうなるの?』より引用
  • それは実弟である夷川早雲と、不幸にも憎み合う仲となってしまった父の切実な願いであった。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • ハリエットが思い違いをしている、というのがエマの切実な願いなのは事実だった。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • 自問自答の限界を感じてからの、僕の切実な願いだった。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • それは彼の切実な願いでもあった。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • そして、その最も切実な願いは、たちまちにしてかなえられた。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • それだけが、今の早苗にとっての切実な願いだった。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • りん子の切実な願いにもかかわらず、あたしは冷たくいいはなった。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • 話しあえるよき友をほしいという切実な願いが、私の心をさびしさに追いやった。 相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』より引用
  • 道子と二人で、あるいは林太郎と三人で旅行することは、井崎の二十年来の切実な願いだった。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • エドガーの楽天的な言葉には、切実な願いが込められている。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第09巻 女神に捧ぐ鎮魂歌』より引用
  • その切実な願いが、ようやく叶えられて、一緒に暮せるようになったのに、夫は来客があると、姿を隠してくれというのだ。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 単純で切実な願いである。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • ついにわたしはガークのもとへ行き、行方不明の妻を自分の手でさがしだしたいという切実な願いを、これ以上おさえることができない、と告白した。 バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』より引用
  • 次へ »