切実な響き

26 の用例 (0.00 秒)
  • Dの刀身が停止したのは、その声にあまりにも切実な響きを感じたからであった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17b D-白魔山 下』より引用
  • ロハスは自分の声の切実な響きを隠そうとしながらきいた。 バローズ『火星シリーズ10 火星の古代帝国』より引用
  • 切実な響きを乗せて見上げてくる大鼻に、ママ・パパスの表情は変わらない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • 彼の声には切実なひびきがあった。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 悠二は、叫びこそしなかったが、切実な響きを声に込めていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第03巻』より引用
  • いつもの調子で、せっぱつまった切実な響きなどないのが、私にとっては救いだ。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • その言葉には切実な響きがあった。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • その声には切実な響きがあった。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • 陳腐ちんぷな言葉だったが、奇妙に胸を打つ切実なひびきがあった。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • イコの胸に、その切実な響きが焼きついて離れない。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • その語調には、切実な響きがこめられていた。 本田靖春『誘拐』より引用
  • ひどく切実な響きが岩壁に反響した。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11c D-ダーク・ロード3』より引用
  • 語られる前から、少しずつ、たとえばその身体の揺れ方や、言葉の最後の切実な響きみたいなものだけで、輪郭が明らかに刻みだされていくような気がした。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第10巻』より引用
  • 松川の声には切実な響きがあった。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • それに切実な響きが加わった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • 切実な響きが感じられた。 阿刀田高『ぬり絵の旅』より引用
  • マージの声には切実な響きがこもっていた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • 声に切実な響きがある。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ08A 悪霊都市ククル〔上〕』より引用
  • リリィが控えめに、けれども切実な響きを含ませて言う。 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • その声に、切実な響きがあった。 池波正太郎『剣客商売 18 番外編 黒白 下』より引用
  • 次へ »