切実な現実

12 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、ここには目撃者でなければ伝ええない、ある切実な現実感リアリテイーがあることは否定できまい。 綱淵謙錠『幕末風塵録』より引用
  • 幻のようなきれいごとの理想論があるかと思えば、みぐるしいが切実な現実論が一方にある。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • ただ、それが奇妙なほど切実な現実感をともなって、私の脳裏に浮かんでしまうのである。 阿刀田高『箱の中』より引用
  • それにつづく後半の生涯は、あまりな変貌のし方で、もし片時も彼を離れない切実な現実の悲しみがなかったら、この奇妙な後半の生活は、彼には夢としか思えなかったに違いない。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(上)』より引用
  • ただし、自分にとってもっとも切実な現実に的確に呼応して、こちらあるいはあちらなのであり、どちらになるかは状況の判断によってどんなふうにでも変わり得る。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • しかし、それはぶつかっている最中には、疑いを入れる余地はなく、破裂せんばかりに切実な現実です。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • 私の意図はすでに読者もお解りと思うが、院が王者としての切実な現実に触れて発せられた抒情は、不可説のもので、当時に類を絶したたけ高いものであったということである。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • 惑うべからざる切実な現実感覚なのである。 坂口安吾『ジロリの女』より引用
  • エイズによって、同性愛の問題は社会正義の実現や価値観の平準といった文脈ではなく、より切実な現実としての突破口を得た。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 大衆の歓呼の悲痛に切実な現実を三思して、ハッタリから着実な政策へ、心魂を捧げてもらいたいものだ。 坂口安吾『ヤミ論語』より引用
  • そういう観点で考えると、武蔵丘の「21世紀ネオポリス計画」も、多少の夢物語的なところもあるが、それが、東京の住宅難を解消するための切実な現実性と、必然性をもっているだけに、ただのプランとして、笑って見すごすことはできないと思える。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • 敗戦の切実な現実は庶民生活の上に依然として重苦しくのしかかり、混迷はまだつづいていたが、年の暮れにはモチ米、みそ、しょうゆ、砂糖など正月用品がわずかばかりではあったが配給され、正月の食卓をかざった。 相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』より引用