切実な欲求

9 の用例 (0.00 秒)
  • それよりもっと幼いしかし切実な欲求が彼女を支配しはじめていた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • ふたりにはもっと切実な欲求があったからだ。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 軽くそんな欲求がくことはあるかもしれないが、こんな風になまなましく聞えて来るほど切実な欲求として別の女の声を求めているわけがないではないか。 山田太一『遠くの声を捜して』より引用
  • その想念の中には、本物の動物への切実な欲求もあった。 ディック/朝倉久志訳『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』より引用
  • これを快感に変えたいなら、よほど相互に信頼関係があるか、あるいは気持ちよくなりたいという切実な欲求がなければ無理だ。 牧野修『屍の王』より引用
  • 圭子は元来がいい家の娘で、金に不自由したこともないし、絵を描くことにそれほどの切実な欲求を持っていなかったのだろう、と昭子は察していた。 赤川次郎『招かれた女』より引用
  • この「共同体の中での関係性復活」というテーマに、ミステリにおける欠損家庭の少年たちを重ね合わせてみれば、彼らが物語内において、様々な形で行う年長者との交流が意識的・無意識的に欠損を埋めようとする、切実な欲求の表れであることがより明確に浮かび上がってくる。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • しかし、衣食住の当面の切実な欲求がみたされるにつれて、多くの地域において、一つの共通の特徴をもった、いろんな人物が現われてきた。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • 何かを創りだそうとする切実な欲求が、たえずくじかれてきた証拠こそ、十九世紀のわれわれの父母たちの遺物や記録の、もっとも哀れをそそる点であろう。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用