切実な感情

11 の用例 (0.00 秒)
  • 当時のエヴァはまだ成長期だったので、切実な感情などというものはまるで経験したことがなかった。 クイーン/石川年訳『日本庭園殺人事件』より引用
  • 何ともつかぬ切実な感情が、キャラコさんの心をしめつけた。 久生十蘭『キャラコさん』より引用
  • が豊富温泉で由香子と再会した当時のような、切実な感情はとうにうすれていた。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 斯く、覚官的に切実な感情であるから、広義のカナシと相通ずることがある。 斎藤茂吉『『さびし』の伝統』より引用
  • その瞬間徳山道助の脳裡をかすめたのは、妻に申訳ないことをしたという切実な感情であった。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • しかし、これは恋する男にとって切実な感情だった。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • どうして、どんな人でも、私にとって一番切実な感情を、それぞれの手法によってとらえるのかと、そのことで、いやアになってしまったのよ。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 普段のレインに似合わず、切実な感情が込められた声音こわねだった。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 人間的な同情をよせてもらいたいという切実な感情にかられてきて、だれでもいい、この胸の悩みをすっかり打ちあけたい、さもなくば発狂してしまうにちがいないと、私はそう思ったのです。 クロフツ/田村隆一訳『樽』より引用
  • でも、そのような生臭い欲望が、今、刻一刻、命をむしばまれているあの人に向けた私の切実な感情の中で一体、何だったのでしょうか? 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 例えば子女の出生に対しても、凡凡と喜んでいるばかりで、長子の時のような切実な感情が湧かない。 外村繁『澪標』より引用