切実な想い

8 の用例 (0.00 秒)
  • ただ、この作品集に収録された五編のうちの四編を続けて雑誌に発表した、一九九八年秋から翌九九年夏にかけての自身の気持ちを振り返ってみるにつけ、これらの作品を僕が、かなり切実な想いにかられて書いたことは確かだと思えるのです。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 身近にある、こんなにも切実なおもいを知りもしなかった自分には、大きすぎる冠だ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • というのは切実なおもいだった。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • どうせチャンスがないなら、直接の侵奪者に対する敵意は変わりないはずであるが、そこに都会の影の住人の太陽に向ける切実な想いがあるようにおもった。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • バルスームのこの美しい王女の名誉のために挑戦ちょうせんするカーソリスの目は、しかし、そのような表向きの大義名分たいぎめいぶんなどよりはもっと身近な、もっと切実な想いに燃えていた。 バローズ『火星シリーズ04 火星の幻兵団』より引用
  • 英哲は與一の土木にかける切実な想いに動かされ、次第にダムの必要性を理解し、自らも土木技師になる夢を抱くようになる。
  • 強迫観念に似た切実な想いが、おれをとらえて放さない。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 切実な想いに身体が満たされた。 馳星周『夜光虫』より引用