切り開い

全て 動詞
916 の用例 (0.01 秒)
  • 彼は書物からの学問はないままこの世の中で自分の道を切り開いてきた。 アンダスン/山屋三郎訳『ワインズバーグ・オハイオ』より引用
  • 騎士はいつまでもそうやって道を切り開いて行かなくてはなりませんでした。 オルコット/吉田勝江訳『若草物語 2下』より引用
  • しかしどうかしたら俺の運命をもう少しは切り開いてくれるかと思っていた。 武者小路実篤『愛慾・その妹』より引用
  • 王朝が五百年続いたのは、彼らが切り開いてきた道が正しかったからだ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 道路から細い坂道を上ると、山を切り開いた場所に二軒の家がみられた。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • それまでにないテーマを次々に扱い、深夜番組の新しい領域を切り開いた。
  • 山においても、彼の仕事においても、彼は独力で道を切り開いていった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • アメリカの大自然を日本画の技法で描き、新しい美の世界を切り開いた。
  • 同時に未開拓地を自ら切り開いた者にはその土地が与えられるようになった。
  • お前は、誰のことも考へないで、一人で、自分の運命を切り開いて行け。 岸田国士『牛山ホテル(五場)』より引用
  • 文学や戯曲の分野で、新しい表現方法を切り開いたことがその理由だった。
  • 自分で道を切り開いてゆく努力は他のどんな作家とも変わりはない、ともいう。
  • 彼はなんとかそこで自分の道を切り開いてゆけるものと思っていた。 ムアコック『この人を見よ』より引用
  • わたくしも同行の人々と馬に乗り、岩を切り開いた山道を登って行った。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • あなたの運命を切り開いていくのは子供の存在ではなくあなた自身でなくてはいけない。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • 切り開いた形が銃しょうに似ていることから名がついたとされる。
  • 海岸線の崖を切り開いて建設されたコンパクトな打ち上げ施設である。
  • この谷を切り開いて、この奥に原子力発電所を作るってのはほんとうなのか? 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • あなたの人生なのだから、あなたの力で切り開いてゆくべきだわ。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 馬車の列はいま、まるで垂直な岩壁の中腹に切り開いた道にかかっている。 チェーホフ・アントン『決闘』より引用
  • 次へ »