切り開いてゆく

10 の用例 (0.00 秒)
  • 自分で道を切り開いてゆく努力は他のどんな作家とも変わりはない、ともいう。
  • あなたの人生なのだから、あなたの力で切り開いてゆくべきだわ。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • しかし、何かすぐ真面目に答えなければならぬとすると、話は意外な傷口をますます切り開いてゆくばかりだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • こちらがきっかけを与えたり、質問をさしはさんだりなどしなくても、自分のための居場所をどんどん切り開いてゆく人だ。 小川洋子『やさしい訴え』より引用
  • ある人はそういうものは時代におくれたもので、単に昔の名残なごりに過ぎなく、未来の日本を切り開いてゆくには役に立たないと考えるかも知れません。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • この経験がのちに東洋の神秘主義思想とも言える禅体験と呼応して両者が結びつき、独自の道を切り開いてゆくことになった。
  • 成功はするも助け人らは捕り方に包囲され、文十郎、平内、龍は大立回りを演じながら血路を切り開いてゆく。
  • 切開創を手で押し広げ、腸の外側の輪郭をとるようにして、腹膜を切り開いてゆく。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 大阪で音楽教育を受けて松下真一に続く形でデビューしたが、仏教へ強く帰依した松下とは異なり、書法を研ぎ澄ますことで得られる緻密な音響美の世界を切り開いてゆく。
  • 自力で切り開いてゆくしかない。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用