切り開いていく

49 の用例 (0.00 秒)
  • この挫折ざせつを自ら切り開いていくだけの気力は、もはや四年間という堕落した生活の中ですっかり失われていたに違いない。 上野正彦『死体は語る』より引用
  • 混乱した人間の群の中を、無慈悲に道を切り開いていくコナンの後に、十数名の男たちがどっと集まってきた。 R・E・ハワード『大帝王コナン』より引用
  • そして必ずしも男だけが妻子を養ったり、人生を切り開いていくものでもないのだ、ということを自ら体験もした。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 学校や教師など関係なく、自力で人生を切り開いていく。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • 道路の両側に分隊を送り、一番元気な海兵隊が前衛として進路を切り開いていった。
  • もちろんSFと現実を混同してはならないが、未知の世界を切り開いていく時に感じる感動は、現実の科学と変わらないはずのものなのだ。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • 好奇心から始まったドゥの行動は、周りの人間たちを巻き込み、彼女自身の新しい運命をも切り開いていく。
  • 兵士達は丘の周りに城壁と国境線を兼ねた溝を掘り、住居や農地を切り開いていった。
  • 頑張って自分の力で人生を切り開いていく。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 毎夜、夫と共に切り開いていく夫婦の未知の領域に、新たな発見があり、官能の喜びがあった。 森村誠一『ファミリー』より引用
  • ところで、私たちが、この世界という偶有性の海に飛び込んで、その中で能動的に人生を切り開いていくとき、その基礎になるのは、いうまでもなく私たちの身体です。 茂木健一郎『「脳」整理法』より引用
  • 男というのは強くて、妻子を養い、泣くなんてことはなく、常に道を切り開いていくものだ、と思っていた。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 自分が悩んで、切り開いていくしか道はない。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • プレイヤー・キャラクターのバットマンは敵と戦闘を繰り広げながら、様々なガジェットを使って道を切り開いていく。
  • 鎌池曰く「複雑な問題を抱えた魔術師なり能力者なりを、主人公が真正面から叩いていく話」であり、その不屈の姿勢で困難を切り開いていく上条の戦いが作品の柱である。
  • あわれな場違い者が、体一つで、それも裏口からはいって、自分の道を切り開いていった方法が、自分を宣伝して有名になろうとするクリフォードのやり方より、何が悪いだろうか。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • あるいは右腕、あるいは左腕と前にのばしながら、群集のあいだに自分の道を切り開いていった。 原田義人『皇帝の使者』より引用
  • 登場人物の多くが人生において出会う困難を冷静に受け止め、理性的な対応をすることが出来ず、衝動にまかせ行動するために次々に連鎖的に不幸を招き寄せてしまうストーリーとなっているが、美輝については賢明な選択により人生を前向きに切り開いていくことが可能な聡明な女性として描かれている。
  • 通行する車両が回避する間もなく跳ね飛ばし、みずから道を切り開いていく。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • 「われわれがそのような旅を完了する時点までに、あるいは連邦領域か、何処かの惑星基地の領域内に入るまでに、この戦争は終わってしまっているかもしれない」 「力ずくでまっすぐ進路を切り開いていくべきです」と、ズールーがいう。 ジェイムズ・ブリッシュ『二重人間スポック!』より引用
  • 次へ »

切り開いていく の使われ方