切り開いていく

49 の用例 (0.00 秒)
  • 山においても、彼の仕事においても、彼は独力で道を切り開いていった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • あなたの運命を切り開いていくのは子供の存在ではなくあなた自身でなくてはいけない。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • 運命は最初から決定しているのではなく自分の意志によって切り開いていくものだとも思うからだ。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • そもそもこの星は自分一代で新しい世界を切り開いていく宿命を担っています。 高尾学館『天中殺占い』より引用
  • 基本的に、自分から、単独で切り開いていく、ということが大切です。 田中康夫『恋愛自由自在』より引用
  • 自分の意志で切り開いていく能動的な人生が必ずしも幸福につながるとは限らない。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 僕は新しい世界を小夜子とともに切り開いていくつもりだった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第04巻』より引用
  • しかし、ヨーロッパ文明は富を求めて未開の地を切り開いていった。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 逆に山脈を切り開いていくなど追加された部分もある。
  • どのような困難があろうと、なんとか自力で道を切り開いていくであろうと感じさせるものをもった人たちである。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • ほんものの登山家というのは、すべてを自らの力で切り開いていく人間でなければならない。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 俺は両儀が切り開いていく人の群れの先を見る。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 自らの道を切り開いていく主人公の姿をドラマチックに描いたラブ・ミステリー。
  • そして飛行機の生産にも鋭い感性を示し、切り開いていった。
  • 人間に捨てられ、あるいは食料にされようとした動物たちが一致協力して自分たちの新生活を切り開いていく話になっている。
  • この奴隷は南へ進軍するために道路を建設し、土地を切り開いていく機能を果たすべくハウが要請したものだった。
  • 運命は積極的に切り開いていくものだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 02 星界の断章 Ⅱ』より引用
  • 戦後は経済的に行き詰るがステンレス加工などで何とか生活の道を切り開いていくのであった。
  • 心ならずもアイドルとしての道を進む事になる彼女だったが、やがて歌を通して自らの人生を切り開いていく。
  • 次々に森林を切り開いていくことで人口を養っていた。
  • 次へ »

切り開いていく の使われ方