切り裂く

全て 動詞
793 の用例 (0.01 秒)
  • 恐怖感や痛みを全く感じなくなり、敵を切り裂く喜びが主な感情となる。
  • 普通の拳銃と何も変わらない、空気を切り裂くような乾いた音が響いて。 平坂読『ホーンテッド! 1』より引用
  • 門の向こうには、同じように山脈を切り裂く谷がまっすぐに続いている。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • そして、白天はナイフで他人の皮膚を切り裂くのがなによりも好きだった。 馳星周『不夜城』より引用
  • 二つの無彩色を切り裂くように、黄橙きだいだいの色が高さ一メートルで横に走る。 帚木蓬生『受精』より引用
  • そしてそのあと、地下共同溝の闇を切り裂く光は二度と現われなかった。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • アンの切りくような悲鳴が、彼の耳の中にいつまでも残っていた。 高殿円『銃姫 03 Two and is One』より引用
  • 空気を切り裂くようにして、光の矢のようなものが鏡から飛びだしてきた。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • その空気を切りく音には、普通ふつうの人の剣そのものの勢いがあった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • コートを手に持ったままなので、寒さが服の上から皮膚ひふを切り裂くようだった。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 濃密な緑のやみを切り裂くように、遠いところで鳥や獣の甲高い声が響く。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 地上で使われている鉄くらいならば、簡単に切り裂くことができる。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • ギギナはまったく防御せず、さらに空気をり裂く魔風まふうとなり突進する! 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』より引用
  • 直後、空気を切りくような悲鳴が短く聞こえ、すぐに静かになった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • まるで耳の横から、主人公の蹴りが空気を切りく音が聞こえるようです。 時雨沢恵一『キノの旅 第02巻』より引用
  • 空を切り裂く鋭い刃音は、おそらく一つしか鳴らなかったものと思われる。 藤水名子『浪漫’s 見参!桜子姫』より引用
  • 長大な刃が空気を切り裂く都度つど、少年の身体のどこかから血がしぶいた。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • そう口にした瞬間しゆんかん、恭介は風を切りくようなするどい音を聞いたような気がした。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • 剣はまるで焼きプディングを切り裂くかのように魔物の肉体を切った。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 言葉自体がやいばのようにミミズクの身体からだを切り裂くような気がした。 紅玉いづき『ミミズクと夜の王』より引用
  • 次へ »