切り裂く稲妻

3 の用例 (0.00 秒)
  • 嵐を切り裂く稲妻いなずまのような叫びは、今はもういない、一人の少女を思い出させた。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • 窓から外を見ると、闇を切り裂く稲妻の光の中に、三十人の兵隊が整列しているのが浮かびあがった。 つかこうへい『愛人刑事』より引用
  • そして「夷川の娘が一緒にいてくれたわ」と空を切り裂く稲妻に身をすくめながら囁いた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用