切り裂くような悲鳴

5 の用例 (0.00 秒)
  • アンの切りくような悲鳴が、彼の耳の中にいつまでも残っていた。 高殿円『銃姫 03 Two and is One』より引用
  • 直後、空気を切りくような悲鳴が短く聞こえ、すぐに静かになった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • しまった、と思ったときには、切り裂くような悲鳴が部屋中に響き渡っていた。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • ピアノ科とヴァイオリン科の友人は空気を切り裂くような悲鳴を上げたのだけれど、その先輩だけは唇をてのひらで押さえて必死に我慢したという。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 切り裂くような悲鳴がレキオスから生じた。 池上永一『レキオス』より引用