切り裂くよう

200 の用例 (0.00 秒)
  • 普通の拳銃と何も変わらない、空気を切り裂くような乾いた音が響いて。 平坂読『ホーンテッド! 1』より引用
  • 二つの無彩色を切り裂くように、黄橙きだいだいの色が高さ一メートルで横に走る。 帚木蓬生『受精』より引用
  • アンの切りくような悲鳴が、彼の耳の中にいつまでも残っていた。 高殿円『銃姫 03 Two and is One』より引用
  • 空気を切り裂くようにして、光の矢のようなものが鏡から飛びだしてきた。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • コートを手に持ったままなので、寒さが服の上から皮膚ひふを切り裂くようだった。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 濃密な緑のやみを切り裂くように、遠いところで鳥や獣の甲高い声が響く。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 直後、空気を切りくような悲鳴が短く聞こえ、すぐに静かになった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • そう口にした瞬間しゆんかん、恭介は風を切りくようなするどい音を聞いたような気がした。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • 言葉自体がやいばのようにミミズクの身体からだを切り裂くような気がした。 紅玉いづき『ミミズクと夜の王』より引用
  • しまった、と思ったときには、切り裂くような悲鳴が部屋中に響き渡っていた。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • キングの飼い主が、早朝の空気を切り裂くような鋭い悲鳴をあげ始めた。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 悲鳴を切り裂くように、大排気量のエンジンが猛然とうなる音が聞こえた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第06巻 Firefox!』より引用
  • その音楽を切り裂くように、とある店からラジオの声が流れてきた。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 風の音にまじって、切り裂くような音がして風の中をなにかが飛んでいった。 西東行『鳥は星形の庭におりる』より引用
  • 今度の雷鳴は先ほどのそれよりも鋭く、空気を切り裂くような嫌な音だった。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 紫の煙がつくるとばりを切り裂くようにして、大柄の紳士が近づいてきた。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 遠くから、空気を切り裂くような音が聞こえてきて、彼等は同時に言葉を切った。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 声にならないことばが、切り裂くように尚の心に飛んできた。 光瀬龍『作戦NACL』より引用
  • ひんやりと冷たい空気を切り裂くように、レンリの爽やかな声が命じた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • そんなのどかさを切り裂くように、突然一人のトレーダーが大声を発した。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • 次へ »