切り札的

21 の用例 (0.00 秒)
  • 以後サイバトロン側の切り札的存在として基地の奥に待機している。
  • クラブでは1999年頃から出場機会が減少したが、途中出場でチームの切り札的役割として2000年の三冠にも貢献した。
  • 最終兵器とは、最後の切り札的な兵器をいう。
  • ただし、ゲーム内時間で一日に一度しか使用できず、制限時間も存在するため、一種の切り札的な位置付けにある。
  • これは自国開催する第16回東南アジア競技大会に向けた切り札的な起用であり、準備期間は3ヶ月しかなかった。
  • この事から対魔王戦では切り札的な存在となっており、これを失ったためにサイラスとグレンは魔王に敗れた。
  • 現役時代は二軍暮らしが比較的長かったが、時にはスーパーサブや代打の切り札的存在として活躍した。
  • Jの切り札的存在のようで、Jのポケモンでは最も出番が多い。
  • 秦真司が正捕手に定着すると、右の代打の切り札的存在になる。
  • ゲッターエネルギーは宇宙からゲッター線が無くならない限り無尽蔵であり、宇宙開発には最適のエネルギー源であったが、前述の理由により対恐竜帝国用の切り札的な兵器として戦闘用に転用される。
  • アダリムマブ等の免疫調節を作用機序とする生物学的製剤は従来のリウマチ治療薬に比べ全く異なる新しいアプローチとして高い治療効果を持つに至り、長年にわたり有効な治療法がなかった関節リウマチにおいて切り札的な治療法となった。
  • 同時にエントリーした「黒いホープ」は1位であり、切り札的イメージの強いそちらと票が分かれたためだろう。
  • こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。
  • 親衛隊の切り札的存在であり、その勇名は男性兵士の間にも「エースのミリア」として知れ渡っていた。
  • 入団3年目の2009年に、昇格争いを繰り広げるチームのスーパーサブとして、試合の流れを変える切り札的な役割を果たした。
  • しかし、近年の国際的な物流事情の流れに即し、この独自の日本規格を変更することなく円滑に行える切り札的輸送方法として、ラックコンテナに鉄道コンテナを載せるという発想が生まれた。
  • 押井守曰く、スタジオぴえろの切り札的存在であった。
  • 日本を離れていた分、海外のラグビー戦術などに精通し、しかも頭脳明晰なエリートサラリーマンであったため、就任時は「日本ラグビー界の切り札的存在」と、マスメディアでも話題沸騰だった。
  • 守備に難があり、幼少時代の事故もあり肩も弱かったが、勝負強い代打の切り札的存在で1982年には4月6日の対広島戦で代打サヨナラ満塁本塁打を放つなど、1シーズン3度の代打サヨナラ打を記録した。
  • なお、9話以降、ファンシィ国革命時にマリアン・トワントから「破砕砲」を協約違反の名目で回収、ペントハウス隣に主砲として設置され、しばしば切り札的に使用されている。