切り札として起用

11 の用例 (0.00 秒)
  • 移籍後は抑えの切り札として起用される。
  • も前年同様に代打の切り札として起用されている。
  • しかし徐々に力をつけ1976年には73試合に出場、右の代打の切り札として起用される。
  • には鈴木皖武に代わり、抑えの切り札として起用される。
  • しかし翌年は同じ熊谷組出身の宮里太にポジションを奪われ、代打の切り札として起用されることが多くなった。
  • その中でも四番手の外野手や代打の切り札として起用され、1964年から5年間、準レギュラーとして好成績を残す。
  • 広島入団後は、4年目の1963年から5年連続で代打打率3割を記録するなど、主に代打の切り札として起用された。
  • 同年は実績は無かろうとも、落合監督の掲げた「右の和製4番打者」候補の1人に挙げられると、シーズン後半から選球眼の非常に優れた代打の切り札として起用された。
  • セレッソ時代にはスーパーサブとして途中出場から決定機を作り出す攻撃の切り札として起用され、森島寛晃や西澤明訓等が代表等で不在時にはスタメンとして活躍した。
  • 翌年、野村監督が就任すると、代打の切り札として起用されるようになり、1970年と1971年は、打率3割以上を記録し期待に応えた。
  • シーズン終了後の契約更改では、代打出場での打率が高く代打の切り札として起用され、多くの選手の年俸が引き下げられる中、年俸5000万円から、200万円アップの5200万円を勝ち取った。