切り札として活躍

19 の用例 (0.00 秒)
  • 長いイニングが投げられなくなった選手生活の後半は、主に抑えの切り札として活躍した。
  • 広島時代は左打者の浅井樹とともに代打の切り札として活躍した。
  • 中日では代打の切り札として活躍し、1974年のチームのリーグ優勝に貢献した。
  • ロッテでは勝負強さを武器に主軸を打ち、中日では代打の切り札として活躍した。
  • は特にシーズン前半、右の代打の切り札として活躍した。
  • 大洋では代打の切り札として活躍し、持ち味の長打を十分発揮した。
  • も右の代打の切り札として活躍していたほか、膝に不安を抱えていた小笠原道大に代わって3番・一塁手としてスタメン出場することもあった。
  • その後、波留敏夫が台頭するようになってからは、左の代打の切り札として活躍した。
  • 現役時代は代打の切り札として活躍した。
  • 以降は相次ぐ故障で代打での出場が多くなったものの、には代打で6打席連続ヒットを記録するなど、ここぞという時の切り札として活躍し、この年のリーグ優勝に貢献した。
  • 主に代打の切り札として活躍した。
  • 小柄で大成はしなかったが、主に代打の切り札として活躍、1991年のセ・リーグ優勝にも貢献した。
  • その後も、踵から足をついて歩けないという状態ながら、主に左の代打の切り札として活躍し、1997年は何試合か右翼手でスタメン出場を果たしている。
  • 同年、抑えの切り札として活躍するとともに、最優秀防御率のタイトルを獲得し、チームのセ・リーグ優勝戦でも、抑え投手ながら先発して胴上げ投手となった。
  • シーズンも代打専任で過ごしたが、4試合で決勝打を放つなど勝負強さを発揮し、代打の切り札として活躍した。
  • 代打の切り札として活躍したという自負からか、「打って走って守れてこそ野球選手」という広岡達朗の野球理論を公然と批判している。
  • 現役晩年は成績こそ振るわなかったが、2003年は代打7打席連続安打を達成するなど、代打の切り札として活躍した。
  • 阪神では代打の切り札として活躍し、「代打の神様」と呼ばれた八木裕と並んで、一部では「代打の仏様」とも呼ばれていた。
  • その後は池山隆寛、広沢克己ら若手の台頭により、に野村克也の監督就任前後から左の代打の切り札として活躍するが、はケガにより18試合の出場にとどまり、年齢的なこともあって既に現役引退を表明していた。