切り札

全て 名詞
1,579 の用例 (0.01 秒)
  • 最初の一回二回は、確かに切り札を取っておくような気で書かずにいた。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈下〉』より引用
  • 怪我前と同様に左の代打の切り札としてシーズン最後まで一軍に残った。
  • つまり、リードされたカード以外のすべての色が切り札として扱われる。
  • どちらの陣営にとっても宇宙人の技術は決定的な切り札になり得るから。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • 切り札を決定した競技者は、単独で戦うことを宣言することもできる。
  • あの百合園で一度手ばなした切り札が、また自分のところへ廻って来た。 半村良『英雄伝説』より引用
  • 一つは、僕が状況を変えられるかもしれない切り札を持っていること。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 強力だの危険だのといったところで、それが唯一の切り札なんですよ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • 通常の事件捜査では不可能な措置だったが、警視庁にも切り札があった。 五十嵐貴久『TVJ』より引用
  • かつてのいくさでは、何度も切りふだ的役割を果たしてきたといわれているのに。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 理論派と評され「日本の切り札」として期待はかつてないものであった。
  • できれば使わずに済ませたいたぐいのものだが、かなり強力な切り札となる。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • これがわしをあらゆる危険からまぬがれさせてくれる魔法の切り札だった。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • 宝貝を持っている他の仲間もいないし、なんのふだもありはしない。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編04 夢の涯』より引用
  • 切り札を先に切ったのは、 最初に差を広げておきたかったからだ。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • 死は復讎者にとって最後の切り札であることを、彼はよく知っているのだ。 横溝正史『殺人暦』より引用
  • 鬼達には、「オニの切り札」と呼ばれる不思議な石があったからだった。
  • 切り札とは、それだけの犠牲をはらって、初めて獲得できるものなのだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • どさくさに紛れて、目的の一つである切り札を見えないように入手する。 同人『魔法使いの夜~Wicth on the Holy Night~』より引用
  • この切り札のおかげで、彼がきわめて重視する行動の自由が確保できるのだ。 ルブラン/山辺雅彦訳『水晶の栓』より引用
  • 次へ »