切り替えるもの

18 の用例 (0.00 秒)
  • 本作に登場するアイテムは全て自機のメインウェポンを切り替えるものである。
  • 完全に停止させてしまうと、上りと下りの判別が付きにくくなってしまうため利用者がいない間は低速で運転し、利用者が来ると通常速度に切り替えるものも存在する。
  • 機種によっては、直流信号と交流信号を自動識別してモードを切り替えるものもある。
  • サウンドボタンは音量を大・小・オフと切り替えるものである。
  • 具体的な実装方法としては機能を旧来のもの相当に制限するものや、旧式と新式のシステムを切り替えるものなどがある。
  • 古いものでは、スイッチではなく、プラグで差し替えて回路を切り替えるものもあった。
  • 実際の機構には、カムの回転角に位相を与えるもの、形状の異なるカムを複数用意して切り替えるもの、これら2つを組み合わせたものなどが存在する。
  • 調整機構は手回し式のダイヤルやドライバーで回転させるノブでダンパーオイルが通過する流路面積を変化させるものや、流路面積の異なる複数の流路が設けられた部材を回転させて流路を切り替えるものがある。
  • フォーメーションの左右のバランスを意図的に崩して、左右で攻守の対応を切り替えるもの。
  • 省エネルギー機能として、業務時間外に内線端末を省電力モードに切り替えるものもある。
  • より高い性能を持つマルチスレッディングの種類は、プロセッサが各 CPU サイクルでスレッドを切り替えるものである。
  • リモートプレイへの切替は、PS3の時のように予めリモートプレイモードに切り替えるものではなく、何時でも切り替えられるものになっている。
  • ミサイルは発射されると、固体ロケットで超音速まで加速し、その後、ラムジェットに切り替えるもので、固体ロケットの推進剤を燃焼させた後の空間が、ラムジェットエンジンとして使われる。
  • その部分の少し前から続くピチカートからアルコに切り替えるものであるが、エーリヒ・クライバー、カルロス・クライバーなど一部の指揮者はピチカートのまま弾かせている。
  • また、ハンドルの両端、さらに表と裏に別サイズのソケットが備わっているもの、大きい径のソケットの中に小さい径のソケットがありスライドさせることによってサイズを切り替えるものなど、1本で4サイズのソケットを装備するラチェットレンチもある。
  • 一般的なカム切替はVTECやMIVECなどに見られるロッカーアームを油圧制御し切り替える手法、やや特殊な例ではバリオカム・プラスやスバルのダイレクト可変バルブリフト機構といったリフターを油圧制御し切り替えるものなどがある。
  • これにともない、同法附則は貴族院・衆議院の現職の守衛長は衛視長たる副参事に、守衛副長は衛視副長たる主事に、守衛は衛視たる主事に切り替えるものとした。
  • これは従来のIntel Speed Step TechnologyがACアダプタ駆動かバッテリー駆動かだけでプロセッサの動作周波数を切り替えていたのに対し、トランスメタのLong Run同様にプロセッサの負荷状況に応じてリアルタイムでプロセッサの動作周波数を切り替えるものである。