切り替えることもできる

17 の用例 (0.00 秒)
  • 全画面はまた、必要な時には三行下部表示に切り替えることもできる。
  • 設定で日本語表示に切り替えることもできる。
  • 通常は前から数えて第3軸と第4軸が駆動するが、全軸駆動に切り替えることもできる。
  • また、飛行中にVFRからIFRに切り替えることもできる。
  • 一部の音源では、MSBを127にすることによりドラムモードに切り替えることもできる。
  • コンソールは通常ウィンドウモードで起動されるが、全画面テキストモードに切り替えることもできる。
  • またこの通知カードを自治体の窓口へ持ち込み新たに手続きすることで、顔写真つきのICカードである「個人番号カード」に切り替えることもできる。
  • 前作のポケモン図鑑に『ポケットモンスター金・銀・クリスタル』で新登場したポケモンを継ぎ足した古い順と、新登場のポケモンも含めて新たに並べ直した新しい順、さらにポケモン名を五十音順に並べたものとで切り替えることもできる。
  • 手本にするモチーフを実物に切り替えることもできる。
  • 通話についてはPHS・3Gの両対応で、設定で発信時にどちらを優先させるか変更でき、またダイヤル画面にてPHSと3Gのどちらで発信するかを切り替えることもできる。
  • また、実際の新幹線の運転ではATCで減速するが、この動作を再現した『リアルモード』に切り替えることもできる。
  • PC-8001用のソフトはN 80 -BASICでも基本的に動作するが、フリーエリアなどの関係で完全な互換性が必要とされる場合には、N-BASICモードに切り替えることもできる。
  • スタイルよっては、長所・短所、ヒートアクションもそれぞれ異なり、バトルの状況・敵のスタイルによって切り替えることもできる。
  • JR線のみのモバイルSuica定期券から、JR線とPASMO事業者にまたがるモバイルSuica連絡定期券へ切り替えることもできるが、モバイルSuicaでの利用はカード型Suicaと比べ販売範囲に一部制限があった。
  • 通話については、発信時にPHSと3Gのどちらを優先させるか設定でき、またダイヤル画面にてPHSと3Gのどちらで発信するかを切り替えることもできる。
  • また、エイム中にシフトキーを押し一時的に照準の揺れを抑えたり、Page UP/DOWNキーやマウスホイールで手持ちの武器を切り替えることもできる。
  • ネコ側が「タイムファクトリー」、ブタ側が「タムタム団本部」で、片方を操作中にポーズすればもう片方へ切り替えることもできる。