切り方

223 の用例 (0.00 秒)
  • つまりそういう切り方に何かある種の共同主観的な意味があるわけです。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • 切り方によってイルカの死ぬまでの時間は数秒から数分まで様々である。
  • 致命傷にはならなかったものの、単なる自傷にしては切り方がやや深い。 多島斗志之『症例A』より引用
  • ところが昭和五十年代という切り方は、僕らに何のイメージも与えない。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • いえ、あのベッドの足さ、あの切り方のことさって、この人が言うのさ。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • しかし天吾の耳には、それはどちらかといえば唐突な電話の切り方として響いた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 言葉の切り方や、抑揚よくようの付け方で、姫の感情が見事に表現されている。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • そのため肉の切り方や魚の切り方とは分けない。
  • 呼び方は地方によって違うが切り方は同じである。
  • これ以外にも下記のような様々な作りや切り方が存在する。
  • それなのにあえてあのような深い腹の切り方をしたのは、なぜなのであろうか。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • さすがに三島が最も信頼した人物にふさわしい腹の切り方であったように思われる。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 越劇は女性だけの劇であり、見得の切り方などは日本の歌舞伎によく似た演出だ。 村松友視『上海ララバイ』より引用
  • 間違いなく、部屋の狭さを知っている人間の切り方と思われた。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 玄関先まで流れていた血はすべてここから、いつもの見事とさえ云える切り方である。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • それじゃトランプの切り方をごまかしてひとうらないをやるようなものさ。 ダイン/鈴木幸夫訳『僧正(ビショップ)殺人事件』より引用
  • 本稿では主に野菜を調理するときの様々な切り方について紹介する。
  • 昨日と同じ、少々乱暴な電話の切り方にムッとしながら私も受話器を置いた。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 日本では写真の花切りがマンゴーの切り方として定着している。
  • 男たちは三人とも切り方を知っている。 胡桃沢耕史『女探偵アガサ奔る』より引用
  • 次へ »

切り方 の使われ方