切り揃え

187 の用例 (0.00 秒)
  • 手早く切りそろえられて、真は髪の具合に満足しながら立ち上がる。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 私は、手頃な長さに切りそろえた薪を集めて、濡れないようにベランダの下へ隠した。 三浦哲郎『愁月記』より引用
  • かみ肩口かたぐちで切りそろえられ、美人ながらもどこか無表情な少女だ。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • 耳の下で切り揃えられた漆黒の黒髪はがらすのように美しい。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 濃赤色のうせきしょくのスーツに身を包み、明るい朱色しゅいろかみを首の後ろで簡単に切りそろえている。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • また、エフタル人の髪は切り揃えられ、首飾りをしていたという。
  • ふとグラスを持つ手に目をやると、いつもスクエアオフに手入れされていたつめが短く切りそろえてある。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • 切り揃えられた美しい髪が、ハラリと 顔にかかっている。 きゃんでぃそふと『つよきすACT B』より引用
  • からだ を肩で切り揃えた、二〇代後半の美女である。 冴木忍『カイルロッドの苦難 2 出会いは嵐の予感』より引用
  • 傍で見ていた竜児も息を飲むほど、見事な直線で眉のライン、大河の前髪は切り揃えられていた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第02巻 虎、肥ゆる秋』より引用
  • 死化粧のつもりだったのか、どのステーシーも、手と足の爪を小さな貝のように美しく切り揃えていた。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • つめはきれいに切り揃えられていた。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • かみを肩口で切りそろえた彼女はいつも無表情なのだが、その顔は間違いなく美人の部類に入るだろう。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • 短く切り揃えたおかっぱ髪が汗で額に貼り付いている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 14 山口防衛戦3』より引用
  • 額のところでまっすぐに切りそろえられた前髪まえがみの下で、瑞々みずみずしい黒いひとみがふと僕の眼をとらえる。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 髪はショートに切り揃え、着ているものもタンクトップで、快活な印象である。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 前髪は定規で測ったように眉の辺りで切り揃えられていた。 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • 少しクセのある栗色の髪を肩のあたりで切り揃えて、色白の肌にそれがよく似合う。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 漆黒しっこくの前髪をまゆの少し下ですぱっと切りそろえ、後ろは高い位置で結わえている。 川原礫『アクセル・ワールド 06 -浄火の神子-』より引用
  • 額のところで前髪がまっすぐ切り揃えられている。 宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』より引用
  • 次へ »